HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

    修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新]

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

  • やまもとりえ「夜のねこでよければ」

    ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。毎月第2・4金曜日更新

  • 千早茜「なみまの わるい食べもの」

    一度読んだらクセになる味わい。直木賞作家にして稀代の食いしん坊、千早茜の人気エッセイ「わるたべ」シリーズ最新作。定期連載化にあたってマガジン名を「なみまの わるい食べもの」に改称しました。[第2・4水曜日更新]illustration:北澤平祐

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

最近の記事

  • 固定された記事

恩田陸「草の城」第1回

半年前に夫を亡くし、ひとりでひっそりと暮らす七十代の女性・天野弥生(あまの・やよい)。遠い昔に作った「ツユクサの押し花」を見つけたことをきっかけに、彼女は過去の自分を訪れるようになるのだが……。 構想から30年。ついに描かれる、時を超えた愛の物語。 [毎月金曜日更新]  歳を取るということは、身体の中に、混ぜたり並べ替えたりできる記憶が増えていくということだ。  時は、概ね一方方向に流れているけれど、しばしば例外が起きる。川の流れが、地理的条件や天候に左右されるのと同じだ。

    • #10 密着!奈良の修学旅行 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

      奈良といえば修学旅行。奈良で若者たちに一番「刺さる」のは何なのか――今どきの修学旅行事情を、現場からお届けします! ゆかいな奈良の素顔をお届けする、連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4金曜更新 蟹めんま(かに・めんま) 漫画家・イラストレーター。大阪芸術大学卒。奈良県出身・在住。小学生の頃ヴィジュアル系バンドに目覚め、バンギャ

      • 第38回 そうめん やまもとりえ「夜のねこでよければ」

        ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。 [毎月第2金曜日更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【夜のねこでよければ】 毎月第2金曜日更新 COMIC OGYAAA!! でも連載中 やまもとりえ 天パの長男、親方風な次男、なで肩の旦那さん+トンちゃん(猫)と暮らす、イラストレーター兼マンガ家。著書に『Aさんの場合。』『お母さんは心配

        • 韓国のスプーン 千早茜「なみまの わるい食べもの」#11

          [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  傷痕をめぐる十の短編が入った『グリフィスの傷』という本を刊行した。そのせいか、自らの傷とその経緯を開示してくれる人がちらほら現れるようになった。ありがたく、観察し、聴く。その中で、本をくれた年上の友人もいた。自分の身体の傷痕をあらかた見せてくれたあとで送ってくれたその本は韓国の詩人、キム・ソヨンの『奥歯を噛みしめる 詩がうまれるとき』というエッセイであった。「傷」について書かれているという。  

        • 固定された記事

        恩田陸「草の城」第1回

        マガジン

        • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」
          10本
        • やまもとりえ「夜のねこでよければ」
          38本
        • Cat Books/猫本
          83本
        • 千早茜「なみまの わるい食べもの」
          20本
        • 早川光「目で味わう二十四節気」
          14本
        • 姫野カオルコ「顔を見る」
          9本

        記事

          第十四話 小暑 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造 第十四話「小暑」2024年7月6日〜2024年7月21日 「小暑」とは暑さのピークを迎える少し前の頃のこと。

          第十四話 小暑 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          第9回 斎藤工、津川雅彦、山口百恵、らが競演。『春琴抄』ナンバーワン映画はこれ! 姫野カオルコ「顔を見る」

          幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新 はじめから見る] 『春琴抄』を「偉いお坊さんのお説教」だと思っている人がいた。  学校の教科書でチラッと字面を見かけたらしい『歎異抄』『十訓抄』

          第9回 斎藤工、津川雅彦、山口百恵、らが競演。『春琴抄』ナンバーワン映画はこれ! 姫野カオルコ「顔を見る」

          #9 祝!照明塔建立 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届けする連載コミックエッセイ。 昨年から、地元・奈良のJリーグチーム「奈良クラブ」のサポーターになっているというめんまさん(連載 #6 参照)。この春、クラブにビッグ・イベントがあったようで……!? [毎月第2・第4金曜更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4

          #9 祝!照明塔建立 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          「言葉の舟」刊行記念140字小説コンテスト 予選通過作発表

          『言葉の舟 心に響く140字小説の作り方』の刊行を記念した140字小説コンテストの予選通過作を発表します。 応募総数は460編、うち予選通過作は66編でした(予選通過者の辞退があったため計65編になりました)。 「ふね(舟)」というテーマをもとに、自由な発想の作品を多数お寄せいただきました。ご応募いただきありがとうございました。 各賞の受賞者には、7月上旬に改めてご連絡いたします。 選考結果は7月14日(日)開催の「星々文芸博」会場にて発表し、表彰を行います。 その後、

          「言葉の舟」刊行記念140字小説コンテスト 予選通過作発表

          #6 大船軒と『「自然」という幻想』 宇野常寛「ラーメンと瞑想」

          ※このエッセイは、小説的な内容を含みます。登場する人物と団体は、基本的に架空のもので実在のものとは関係ありません。ただし、取り上げているお店はどこもとても、とてもおいしいのでオススメです。 [毎月水曜日更新 はじめから読む] design:Kawana Jun 1.半島へ ゴールデンウィークは何をしようかと相談した結果、僕とTは三浦半島に出かけることにした。  朝4時半に起きてJR高田馬場駅のホームで落ち合い、品川駅で京急線に乗り換えた。  本当は品川駅の駅そばを食べて

          #6 大船軒と『「自然」という幻想』 宇野常寛「ラーメンと瞑想」

          退屈しない飴 千早茜「なみまの わるい食べもの」#10

          [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  口寂しい、という感覚をいまいち把握できずにいる。喫煙の習慣がないからだろうか。昔、総合病院の呼吸器科で受付をやっていたとき、禁煙外来なる煙草をやめたい人のための診療時間を設けていたが、「口寂しいときに」と医師がニコチンガムを処方したり飴を勧めたりするのを不思議な気分で眺めていた。ガムや飴で煙草のない口寂しさを薄れさせられるのだろうか。そもそも口寂しいとはなにか。科の先生たちに訊いてみたが、呼吸器科

          退屈しない飴 千早茜「なみまの わるい食べもの」#10

          第16回 あの子の悪趣味 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

          北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。 [毎月火曜日更新 はじめから読む] illustration Takahashi Koya 1 「ああそんな、いけません、いけません! わたしたちのために、お茶まで出していただくなんて。ああ、まことに恐縮です。ではあの、遠慮なくいただきます……うまい! 玉露ですかな。え? ちがった? いえいえ、大切なのは、おもてなしの心です。心のこもった一杯を、どうもありがとうござい

          第16回 あの子の悪趣味 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

          第3回 浪人 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」

          大人気連載、3期目に突入! ゲーム実況グループ・三人称の「鉄塔」こと作家の賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 ※全24回予定。第2回以降、最新話のみ1週間無料配信。 [毎月第4火曜日更新] illustration 山本さほ  NHK文化センター青山教室で「恐れず何度も挑戦し続ける『ぼっち』論」という講演会をすることになり、人生で初めてのパワーポイントを使いながら講演内容を考えています。  ゲーム実況だの作家業だのラジオだの、いろいろな仕事をさせてもらっているからか、仕

          ¥1,000

          第3回 浪人 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」

          ¥1,000

          野上大樹『ソコレの最終便』冒頭公開

          『甲州赤鬼伝』、『信長を生んだ男』、『二人のクラウゼヴィッツ』、『静かなる太陽』の著者、霧島兵庫が今回「野上大樹」として名義変更後、初の刊行作品「ソコレの最終便」が6月26日(水)発売されます。 大戦末期、ソ連軍の奇襲侵攻を受け崩壊の危機に瀕する満洲国。 特命を帯びた装甲列車(ソコレ)が、混乱の大地を駆け抜ける、戦争×鉄道エンターテインメントの傑作です。 今回はその冒頭をここに公開します。 序章 ノモンハン 命を惜しむな。名こそ惜しめ。  朝倉九十九は大隊長の言葉を胸で反

          野上大樹『ソコレの最終便』冒頭公開

          夏休みの自由研究にも最適! ナカムラクニオ『こどもとできる やさしい金継ぎ』6月26日(水)発売

          この本について「割れちゃった…(涙)」はむしろチャンス! かぶれない「新うるし」で、だれでもできるかんたん金継ぎ 持続可能でエシカルな工芸技法「KINTSUGI」として世界的に注目されている日本の「金継ぎ」を、こどもと一緒に楽しむための本を刊行します。かぶれない「新うるし」やエポキシパテを用いただれでも失敗なくできる手法を、丁寧に解説しているので、夏休みの自由研究にも役立ちます。 著者のナカムラクニオ氏は、15 年以上にわたり金継ぎの実践や普及に取り組み、最近では「マツコ

          夏休みの自由研究にも最適! ナカムラクニオ『こどもとできる やさしい金継ぎ』6月26日(水)発売

          戦争×鉄道エンターテインメント小説の傑作!! 野上大樹『ソコレの最終便』6月26日(水)発売

          この本について大戦末期、ソ連軍の奇襲侵攻を受け崩壊の危機に瀕する満洲国。 特命を帯びた装甲列車(ソコレ)が、混乱の大地を駆け抜ける。 疾走距離 2000 ㎞、タイムリミットは 7 日間!! 昭和 20 年 8 月 9 日、日ソ中立条約を破棄したソ連軍が突如として満洲国へ侵攻を開始。国内全体が未曾有の大混乱に陥るなか、陸軍大尉・朝倉九十九率いる一〇一装甲列車隊「マルヒト・ソコレ」に特命が下った。それは、輸送中に空襲を受けて国境地帯で立ち往生してしまった日本軍唯一の巨大列車

          戦争×鉄道エンターテインメント小説の傑作!! 野上大樹『ソコレの最終便』6月26日(水)発売

          第十三話 夏至 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造、高野長英 第十三話「夏至」2024年6月21日〜2024年7月5日 「夏至」とは、日本を含む北半球で、1年の

          第十三話 夏至 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」