HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

    北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。[毎月最終火曜日更新]illustration Takahashi Koya

  • 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」

    大人気連載、3期目に突入! ゲーム実況グループ・三人称の「鉄塔」こと作家の賽助が、ぼっちな日々を綴ります。

  • 恩田陸「草の城」

    半年前に夫を亡くし、ひとりでひっそりと暮らす七十代の女性・天野弥生(あまの・やよい)。遠い昔に作った「ツユクサの押し花」を見つけたことをきっかけに、彼女は過去の自分を訪れるようになるのだが……。 構想から30年。ついに描かれる、時を超えた愛の物語。 [毎月金曜日更新]

  • 姫野カオルコ「顔を見る」

    幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新]

  • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

    修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新]

最近の記事

  • 固定された記事

恩田陸「草の城」第1回

半年前に夫を亡くし、ひとりでひっそりと暮らす七十代の女性・天野弥生(あまの・やよい)。遠い昔に作った「ツユクサの押し花」を見つけたことをきっかけに、彼女は過去の自分を訪れるようになるのだが……。 構想から30年。ついに描かれる、時を超えた愛の物語。 [毎月金曜日更新]  歳を取るということは、身体の中に、混ぜたり並べ替えたりできる記憶が増えていくということだ。  時は、概ね一方方向に流れているけれど、しばしば例外が起きる。川の流れが、地理的条件や天候に左右されるのと同じだ。

    • 第15回 悪魔の悪趣味 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

      北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。 [毎月火曜日更新 はじめから読む] illustration Takahashi Koya 1  車の中で焼けた父親が、こんどは火葬炉で焼かれている。  葬儀を終えた悟とその親族は、バスに乗って町のはずれにある火葬場まで運ばれ、父親が骨になるのをまっていた。  悟はそこで、縁遠い親戚たちにはげまされたり、その子供たちをあやしたりしていたが、急に1人になりたくなって待

      • 第2回 ラジオ 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」

        大人気連載、3期目に突入! ゲーム実況グループ・三人称の「鉄塔」こと作家の賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 ※全24回予定。第2回以降、最新話のみ1週間無料配信。 [毎月第4火曜日更新] illustration 山本さほ  2023年9月から、文化放送で『三人称・鉄塔 ひとりのよる』というラジオ番組のパーソナリティを担当させてもらっています。昔からラジオが好きで、今でも好きな番組は欠かさず聴いていますが、まさか自分の名前を冠した番組が始まることになるとは、人生何があるか

        • #7 ならどっとFM 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4金曜更新 蟹めんま(かに・めんま) 漫画家・イラストレーター。大阪芸術大学卒。奈良県出身・在住。小学生の頃ヴィジュアル系バンドに目覚め、バンギャル歴は約28年。著書に

        • 固定された記事

        恩田陸「草の城」第1回

        マガジン

        • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」
          15本
        • 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」
          2本
          ¥1,000
        • 恩田陸「草の城」
          1本
        • 姫野カオルコ「顔を見る」
          8本
        • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」
          7本
        • 千早茜「なみまの わるい食べもの」
          17本

        記事

          第8回 役所広司、緒形拳、寺島しのぶ等々、実際にあった犯罪ベース映画の「顔を見る」 姫野カオルコ

          幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新 はじめから見る]  佐木隆三の『身分帳』は、殺人罪等で十三年の投獄後に出所してきた田村明義をモデルにした男の話である。  一時期、絶版状態になって

          第8回 役所広司、緒形拳、寺島しのぶ等々、実際にあった犯罪ベース映画の「顔を見る」 姫野カオルコ

          姫と騎士修行(後編) 千早茜「なみまの わるい食べもの」#8

          [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  デビュー戦当日は狼煙をあげたいような快晴だった。しかし、私は「またかよ……」と自宅のトイレで肩を落としていた。また、月のものによる絶不調。直木賞の待ち会のときの悪夢がよみがえる。大事な用事の日はだいたい体調が悪い私の人生。  もうこれは宿命だと諦めて、戦用に作りおきしていた稲荷寿司を食べ、鎮痛剤を飲んで出発した。どんよりと曇った心で舞浜駅からモノレールに乗り換え、つり革に手を伸ばした途端、はっとな

          姫と騎士修行(後編) 千早茜「なみまの わるい食べもの」#8

          第十一話 小満 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造、高野長英 第十一話「小満」2024年5月20日〜2024年6月4日 「小満」とは、陽の光を浴びて、野山の草木が

          第十一話 小満 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          第13回(最終回) 1階 二十六歳にコンビニは広すぎる 鈴木涼美「ノー・アニマルズ」

          マンション一階に入っているコンビニで、7年に渡りアルバイトを続けているジュン。彼の目に映る住人たちの姿は、まるで目前に迫る森林伐採を恐れながらひっそりと生きる動物のようで――。 2025年に取り壊しが決まっている老朽化マンションで暮らす住人たちの小さな破綻と孤独を描いた、鈴木涼美初の連作短篇小説がついに完結。 [はじめから読む] ©︎OKANOUE Toshiko「幻想」Courtesy of The Third Gallery Aya  昨夜見た不可解な夢の結末がどのよ

          第13回(最終回) 1階 二十六歳にコンビニは広すぎる 鈴木涼美「ノー・アニマルズ」

          賽助『今日もぼっちです。』オーディオブック版が配信開始!!

          オーディオブック版『今日もぼっちです。』がaudiobook.jpで配信開始されました。ゲーム実況グループ・三人称の鉄塔さんとしても大人気の作家・賽助が綴る数々の「ぼっちエピソード」が、耳でもお楽しみいただけます。詳細は下記公式サイトをご確認ください。

          賽助『今日もぼっちです。』オーディオブック版が配信開始!!

          #6 Jリーグで奈良愛を叫ぶ 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新 はじめから読む] ※今回は、応援グッズ等の登場時期に多少脚色を加えています(byめんま)。 <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4金曜更新 蟹めんま(かに・めんま) 漫画家・イラストレーター。大阪芸術大学卒。奈良県出身・

          #6 Jリーグで奈良愛を叫ぶ 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          第36回 マリッジブルー やまもとりえ「夜のねこでよければ」

          ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。 [毎月第2金曜日更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【夜のねこでよければ】 毎月第2金曜日更新 COMIC OGYAAA!! でも連載中 やまもとりえ 天パの長男、親方風な次男、なで肩の旦那さん+トンちゃん(猫)と暮らす、イラストレーター兼マンガ家。著書に『Aさんの場合。』『お母さんは心配

          第36回 マリッジブルー やまもとりえ「夜のねこでよければ」

          姫と騎士修行(前編) 千早茜「なみまの わるい食べもの」#7

          [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  年に数回、妹に会いにいく。アクティブな妹は「姉ちゃん、せっかく来たんだからどっか遊びにいこう。美味しいもの食べよう」と予定を盛り込むが、私は愛しきものの存在を確認し、のんびり茶をするくらいで充分に満足だ。最愛の前では美味もかすむ。姪の「あとかた姫」が生まれてからは会いにいくのがより楽しみになった(なぜ、「あとかた姫」なのかは『しつこく わるい食べもの』の「あとかた姫」を参照いただければ)。気安く会

          姫と騎士修行(前編) 千早茜「なみまの わるい食べもの」#7

          第十話 立夏 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造、高野長英 第十話「立夏」2024年5月5日〜2024年5月19日 「立夏」とは夏の兆しが見える日のこと。立春、

          第十話 立夏 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          最終話 たのしいこと 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

          老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル! [毎月金曜日更新 はじめから読む] illustration 安倍吉俊 1  秋、川崎の日の当たらないアパートで、近くの工場から流れてくる煤煙の化学的な刺激臭に苦しみながら、俺は青山ロスを乗り越えようとしていた。  そのためのツールを俺はすでに持っていた。  まず何より大事なツールは『瞑想』である。  このスキルは昔から、色恋に付随する苦をやりすごすのに有効とされている。また俺

          最終話 たのしいこと 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

          第7回 犬と賞、メッシのほかにもたくさんいます名優犬 姫野カオルコ「顔を見る」

          幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新 はじめから見る]  パルム・ドール賞は、カンヌ映画祭における最高賞。  パルム・ドッグ賞は、これをもじったもの。  こちらの賞の2023年の受賞犬

          第7回 犬と賞、メッシのほかにもたくさんいます名優犬 姫野カオルコ「顔を見る」

          #5 砂かけ祭 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4金曜更新 蟹めんま(かに・めんま) 漫画家・イラストレーター。大阪芸術大学卒。奈良県出身・在住。小学生の頃ヴィジュアル系バンドに目覚め、バンギャル歴は約28年。著書に

          #5 砂かけ祭 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」