HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

新刊情報

編集部の新刊をご紹介します。

【新刊情報】限定150部で刊行された、橋本治×岡田嘉夫による幻の豪華本『マルメロ草紙』をテキスト中心に復刊!

この本について2005年の着手から2013年末の刊行まで、小説家・橋本治と画家・岡田嘉夫が、手間を惜しむことなく作り上げた究極の耽美世界。2013年、わずか150部の限定豪華本として刊行された幻の作品を、全テキストと一部挿画を収録し、普及版として刊行します。 時は二十世紀初頭の巴里。ブーローニュの森近くの瀟洒な館で暮らす大実業家エミール・ボナストリューと慎ましやかな夫人のシャルロット。その妹で、貞淑な姉とは対照的な生き方を求め、華やかなパリで女優を目指すナディーヌ。 ある日

スキ
5

【電子書籍】斧屋『パフェが一番エラい。』オールカラーで10月7日(木)配信開始

8月26日に発売された『パフェが一番エラい。』が電子書籍になりました。年間365本以上パフェを食す、日本唯一のパフェ評論家・斧屋さんの愛とこだわりが詰め込まれた「パフェ指南書」。朝日新聞の読書欄で紹介されたり、斧屋さんが複数のラジオ番組に出演されるなど、メディアでも注目を集めています。 満載の写真が、電子版ではオールカラーになりました。 【電子版】斧屋『パフェが一番エラい。』 2021年10月7日(木)配信開始 単行本が刊行されたときの紹介ページはこちら。 刊行を記念し

スキ
4

【電子書籍】橋本治『人工島戦記』10月7日(木)配信開始

9月24日に発売された橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』が電子書籍になりました。 発売以来、話題沸騰! 2019年に逝去された橋本治さんが十数年にわたり書き継いだ、ある地方都市の開発をめぐる全体小説。3000枚超の遺稿を含め、全1,376ページ、重量約1.7kgの大作が、持ち運びを気にすることなく楽しめます。 【電子版】橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』 2021年10月7日(木)

スキ
2

構想30年!! 空前絶後・前代未聞の全体小説、3000枚超の遺稿と共に遂に刊行! 橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』9月24日(金)発売

内容紹介「人工島? そんなのいらないじゃん」 架空の地方都市を舞台に、戦後から平成に到るこの国の普通の人々の意識を描いた未完の大長編。 千州最大の都会である比良野市では、志附子湾を埋め立てて「人工島」を作る計画が着々と進んでいた。それを知った国立千州大学二年生のテツオ(駒止鉄生)とキイチ(磐井生一)は、すでにある市民運動に共感することが出来ず、新しい反対運動を立ち上げる。彼らにとって唯一ピンと来るのは、「人工島? そんなのいらないじゃん」という、そのことだけだったのだ。

スキ
28

連載小説 金原ひとみ デクリネゾン

虚構が暴く、「可能世界=現実」の衝撃 illustration maegamimami

【最終回】第19話 ベースのカレーとsupernovaと|金原ひとみ「デクリネゾン」

前の話へ / 連載TOPへ /       どうしてもプロットがしっくりこない。何が足りないのか分からないけど何かが全然足りてない。何か最近発見とか驚きとかなかった? 全然なんかそんな面白くない話でいいから、何かヒントになりそうな、ならなくてもいいから印象深かった話とかない?  秋川さんに依頼されていたリテラズ創刊三十周年記念号に載せる短編の構想が全くしっくりこないまま、それでも締め切りは迫ってくるから書き出してはみたものの、やはり全くしっくりこないままで、二十枚ほどになっ

スキ
12

第18話 渾然一体のバナナリーフ|金原ひとみ「デクリネゾン」

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ  なんか意外とちっちゃい……でもすごい重量だな。そんなことを呟きながら、蒼葉はビニール袋を持って玄関から戻ってきた。ダイニングで今日戻しのゲラに目を通していた私は、ちょっと前からワクワクして手につかなくなっていた原稿をローテーブルに放り投げる。 「どんな感じ?」 「なんか未知の物体って感じ」  蒼葉が袋から取り出した四角い緑の塊を見て歓声を上げる。トトロがメイに渡した、木の実を包んだ笹の葉の包みを大きめのお弁当サイズに肥大化させたよ

スキ
20

第1話 生牡蠣とどん底|金原ひとみ「デクリネゾン」

「であるから、私は繰り返し、繰り返しいうが、原子は少々斜に進路を逸れるに違いない。」(『物の本質について』ルクレーティウス著、樋口勝彦訳、岩波書店)  人参をキューブ状に切り分けながら、数ヶ月前の記憶が蘇る。ホームパーティにキッシュを持って行った私に、人参が正方形すぎて気持ち悪いとひかりが眉をひそめたのだ。正方形の植物ってないやん? 生き物もやけど。やから正方形のものには食指が動かないんやろうね。乱切りとかいう切り方が採用されがちなんもそういう理由からなんちゃうかな。ひか

スキ
144

第17話 闇に蠢く愛おしい生き物の破片|金原ひとみ「デクリネゾン」

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ  そうか闇営業の店は、高い店と雑な店に二分されているのか。闇営業のお店探しておきますと言われていたため、この間の一テーブル一サーバーの居酒屋のような店を想像していたけれど、さすがに出版社の会食だ。高級焼肉店の全体的に黒っぽい個室に案内されて席についただけでコロナ前に戻ったような気がして、不思議と心が穏やかになる。無観客配信ならいつもより上手く話せるかもという淡い期待が打ち砕かれたことへの陰鬱とした後悔と自責の念がすでに薄れ始めていた

スキ
58

連載 宇野常寛 水曜日は働かない

僕たちはなぜ、水曜日に働くことをやめたのか|毎月1回・水曜日更新

【最終回】第15話 水曜日しか働かない|宇野常寛「水曜日は働かない」

前の話へ / 連載TOPへ /       突然だが、この連載は今回で最終回だ。僕とT氏との毎週水曜日の「朝活」も、3年目に突入した。この間に世界はコロナ・ショックに揺れ、この街をあの欺瞞に満ちたオリンピック/パラリンピックの狂騒が駆け抜けていった。しかし、僕とT氏の朝活は何も変わらなかった。変わったことと言えば、エクササイズの後に30分間の瞑想が加わったことと毎回エクササイズの後に昼食を摂っていた寿司屋が閉店したことだけだ。  そう、僕たちはある時期から、高田馬場の駅前に

スキ
14

第14話 次は絶対にやらせない|宇野常寛「水曜日は働かない」

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ  2021年の8月8日の夜、僕は珍しくテレビの生放送を見ていた。僕は基本的にテレビの生放送を見ない。自宅や仕事場でテレビをつけっぱなしにする(昭和後期から平成期の)習慣がそもそもないし、見たい番組はほとんどインターネットの配信サービスで見ることができるのでその必要もない。仕事柄、NHKオンデマンドとNetflixとディズニープラスとHuluとバンダイチャンネルに入っていて、ときどきこれにParaviを加えて全方位的に武装しているので

スキ
19

第1話 僕たちはなぜ、水曜日に働くことをやめたのか|宇野常寛「水曜日は働かない」

「僕たちはなぜ、水曜日に働くことをやめたのか」 宇野常寛さんの連載「水曜日は働かない」が、このたびnoteでの掲載となりました。来月11月の第7話(予定)を前に、第1話から第6話までのバックナンバーを本日から6日間にわたって公開いたします。  2019年の7月24日の、たぶん午前11時30分ごろ。僕たちは毎週水曜日に働くことを、やめた。  それは夏の、暑い日の朝だった。僕と相棒のT氏は朝いちばんで集まって、10キロのランニングを終えた。見上げた空はピーカンで家から一歩出る

スキ
156

第13話 誰かと一緒に生きられない|宇野常寛「水曜日は働かない」

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ 今月の「水曜日は働かない」は…… 1.久しぶりにテレビドラマの批評を書こうと思った宇野常寛 2.書き始めたら楽しくなって、脚本集を大人買いして読み込んでしまった宇野常寛 3.結局締め切りがギリギリになって泣きながら書いている宇野常寛 そんな今月の連載を、今から詳しくお伝えします。 「宇野常寛の〈水曜日は働かない〉」 ※ ※ ※  少し前のことだ。『大豆田とわ子と三人の元夫』というテレビドラマを、僕は毎週楽しみに見ていた。脚

スキ
85

連載 千早茜 こりずに わるい食べもの

舞台は京都から東京へ。大好評の食エッセイシリーズ第3弾! illustration 北澤平祐

ケーキの故郷|千早茜「こりずに わるい食べもの」第12話

 ここ最近パフェにかまけているが、もともとは洋菓子好きだ(パフェも洋菓子ではないかという指摘が入りそうだが、あくまでパフェはパフェという独立した文化の甘味という認識で進めさせてもらいたい)。チョコレート、焼き菓子、コンフィチュール、砂糖菓子……なんでも好んでいるが、日持ちのしないケーキはやはり洋菓子の花形だと思う。  よくパフェの美しさを建築物にたとえる表現があるが、スポンジやクリームやムースといった、熱に弱く指先でいともたやすく破壊できるような素材を層にして飾り、自立させ

スキ
21

包んで包んで兵馬俑|千早茜「こりずに わるい食べもの」第11話

 渡辺ペコの『にこたま』という漫画が好きだ。各章の題名が食べものや料理名で、おいしそうな場面がたくさんある。けれど、ただおいしいだけじゃない食事も描かれていて、重い出来事も登場人物たちの迷いや選択もある。泣きながら食べる場面もある。それでも、やっぱり人は食べて生き繋いでいくんだ、と思わせてくれるところがまたいい。自分の作品も影響を受けていると思う。  その中に、「イルカパフェ」という章がある。またもパフェかよと思われるかもしれないが、もう諦めて欲しい。ネタバレになってしまう

スキ
23

東の食の海原へ|千早茜「こりずに わるい食べもの」第1話

20年以上住んだ京都を離れ、はじめての東京ひとり暮らし。さて、何を食べようか? 偏屈でめんどくさい食いしん坊小説家による人気エッセイ、シリーズ第3弾始動! ※シーズン2『しつこく わるい食べもの』好評発売中  二月の終わりに引っ越しをした。  大好きだった京都を離れて、仕事の場だった東京へ。    思えば、京都での暮らしは人生の半分になっていた。だからというわけではないけれど、東京で暮らしてみてもいいかもしれない、と思ったのだった。引っ越しの主たる理由は別にあるけれど、とり

スキ
64

ロシアンルーレットで食欲爆発|千早茜「こりずに わるい食べもの」第10話

 注射が嫌いだ。静脈注射も筋肉注射もどちらも大嫌いだ。わけのわからない汁を体内に注入されるのが気持ち悪いのだ。まだ血を抜かれるほうがいい。  予防接種会場とか地獄だ。そんな嫌なことを列を成して待つという状況に耐えられない。小さい頃は学校だろうが病院だろうが脱走した。しかし、大人はそうはいかない。このコロナ禍においては特に。  今夏、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。一回目も二回目も最高気温三十四度の猛暑日だった。マスクが本当につらい。ごくごく水を飲みながら会場に行き

スキ
25

連載 賽助【続 ところにより、ぼっち。】

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた! ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 illustration 山本さほ

第1話 改めて、ぼっちです。|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた!  ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 illustration 山本さほ ***  お久しぶりになります。作家の賽助です。  2019年3月から約1年間、『ところにより、ぼっち。』というタイトルで、自分がいかに『ぼっち』であったかというエッセイを書かせていただきました。  かなり自虐めいた内容ではありましたが、読んでいただいた方から「共感できた」「共感はで

スキ
813

第2話 夏らしいこと|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた! ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 (※第1話と最新話は無料公開) illustration 山本さほ ***  皆さんにとっての『夏らしいこと』とは何でしょう?  例えば、家族や友人と海や山へ出掛ける、お爺ちゃんお婆ちゃんが住んでいる田舎へ帰省する、あるいは好きなバンドが出演する音楽フェスに出掛けるなど、『夏らしいこと』の形は人によって様々かもしれま

スキ
300
有料
300

第3話 ペーパードライバー講習|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた! ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 (※第1話と最新話は無料公開) illustration 山本さほ *** 前回のあらすじ 「夏らしいことをしたい!」と毎年思い続けていた僕ですが、今年ようやく実行に移すことにしました。この夏、どこで何をするにも、まずは移動する必要がありますが、コロナ禍における移動手段として一番他者に遭遇しない方法は車移動でしょう。しかし僕は

スキ
241
有料
300

第4話 夏たちが待ってる|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた! ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 (※第1話と最新話は無料公開) illustration 山本さほ *** 前回のあらすじ 「夏らしいことをしたい!」と毎年思い続けていた僕ですが、今年ようやく実行に移すことにしました。コロナ禍における移動手段として一番他者に遭遇しない方法は車移動だと考えた僕は、12年のブランクがある運転の勘を取り戻すべく『ペーパードライバー

スキ
149