HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

マガジン

  • 宇野常寛「ラーメンと瞑想」

    東京には一人で食事のできる場所が多くある。ラーメンやさまざまな外食を楽しみながら、更なる充足に向けて探求する著者の日々を綴った小説的エッセイ。[毎月水曜日更新]design:Kawana  Jun

  • 千早茜「なみまの わるい食べもの」

    一度読んだらクセになる味わい。直木賞作家にして稀代の食いしん坊、千早茜の人気エッセイ「わるたべ」シリーズ最新作。定期連載化にあたってマガジン名を「なみまの わるい食べもの」に改称しました。[第2・4水曜日更新]illustration:北澤平祐

  • 連載 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

    人気エッセイ「日日是混乱」がハッピーを求めて再始動! BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。[毎月1回月曜日更新]

  • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

    修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新]

  • 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

    老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル![毎月金曜日更新]illustration 安倍吉俊

ウィジェット

最近の記事

#2 ラーメン富士丸と人間の条件(後編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

※このエッセイは、小説的な内容を含みます。登場する人物と団体は、基本的に架空のもので実在のものとは関係ありません。ただし、取り上げているお店はどこもとても、とてもおいしいのでオススメです。 [毎月水曜日更新 はじめから読む] design:Kawana  Jun [前回までのあらすじ] 「食べる」ことを心から愛する男(僕)とその相棒である恐れと悲しみの中を生きる男(T)は、世界との調和を試みる日々の中で、心身の鍛練に励んでいた。そんな僕たちがたどり着いた新たなるステージが

    • せりの街 千早茜「なみまの わるい食べもの」#2

      するどい言葉と繊細な視点で、食と人生の呪縛を解く。人気エッセイ「わるたべ」がHB連載に帰ってきました! [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  冬に白いものにはまる傾向がある。カリフラワーばかり蒸したり、京都から豆腐を取り寄せて毎週のように湯豆腐をしたり。干し蕪の美味しさに感動し、東京の乾燥をいいことに部屋の至るところで蕪を干しまくったりした。 一昨年くらいからはせりにはまっている。せりのなにが白いのかと思われるかもしれないが、根だ。

      • 第22回 春の始まりに備えるアップデート服と、「運」も「スタイル」も変える髪型 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

        混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。 [毎月1回月曜日更新 はじめから読む] photo:地曳いく子/design:アルビレオ 混乱の気温 服選びは自分の体感気温で東京の気温のアップダウンの激しさに、もう何を着てよいのかわからない日々。梅が咲き始めたと思えば、3月中旬には桜が咲き始めるとの予報も。異常気象も何年か続けば通常になるのでしょ

        • 第十四話 婚活とカバラ十字 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

          老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル! [毎月金曜日更新 はじめから読む] illustration 安倍吉俊 1   この世に人間として生まれたからには、結婚したい。それが人情である。  人間とは自分一人では不完全な存在なのだ。一人では埋められぬものを、結婚という永遠の誓いによって埋めることができるのだ。さらには生物のリプロダクション機能によって家族を増やし、社会に貢献することができるのだ。  このように結婚の利点

        #2 ラーメン富士丸と人間の条件(後編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 宇野常寛「ラーメンと瞑想」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト
        • 千早茜「なみまの わるい食べもの」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト
        • 連載 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト
        • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト
        • 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト
        • 姫野カオルコ「顔を見る」
          HB ホーム社文芸図書WEBサイト

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          第5回 大谷翔平の顔をキライな人がいるのだろうか? あのロボットの顔をキライな人はいないのだろうか? 姫野カオルコ

          幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新 はじめから見る]  大谷翔平の写真を見せたとする。  野球というスポーツがまったく普及していない国もあるから、野球選手としてどう思うだとか、報道さ

          第5回 大谷翔平の顔をキライな人がいるのだろうか? あのロボットの顔をキライな人はいないのだろうか? 姫野カオルコ

          #1 重鎮挨拶 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新]        連載TOPへ  次の話へ> 連載【出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~】 毎月第2・第4金曜更新 蟹めんま(かに・めんま) 漫画家・イラストレーター。大阪芸術大学卒。奈良県出身・在住。小学生の頃ヴィジュアル系バンドに目覚め、バンギャル歴は約28年。著書に『バンギャルちゃ

          #1 重鎮挨拶 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

          第五話 雨水 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造、高野長英 第五話「雨水」2024年2月19日〜2024年3月4日 「雨水」とは、降る雪がだんだんと雨へと変わり

          第五話 雨水 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          2月22日は猫の日! 猫と本をこよなく愛するひとに「ホーム社猫祭 2024」

          2月22日は猫の日です! 猫の鳴き声”ニャン”の語呂合わせで2が3つ並ぶことから近年では「猫の日」として、さまざまなところでお祝いされています。 ホーム社では一昨年開催した「100年に一度のグランド猫の日記念 ホーム社猫祭」につづき、昨年の「ホーム社猫祭 2023」も大変ご好評いただきました。 恒例になりつつある猫祭ですが、今年も猫と暮らしているかたはもちろん、そうでないかたも猫づくしのひと時をお楽しみいただけるよう開催いたします! illustration:北澤平祐

          2月22日は猫の日! 猫と本をこよなく愛するひとに「ホーム社猫祭 2024」

          なみまの原木 千早茜「なみまの わるい食べもの」#1

          するどい言葉と繊細な視点で、食と人生の呪縛を解く。人気エッセイ「わるたべ」がHB連載に帰ってきました! [第2・4水曜日更新 はじめから読む] illustration:北澤平祐  去年の暮れに大量のどんこ椎茸をいただいた。生ではなく干したものだったが、乾ききっているにもかかわらず立派な大きさだった。乾物は戻すところからもう大好きである。これをしっかり時間をかけて戻したら、さぞ肉厚で、むっちりと重いどんこ椎茸になるだろう、とにやにや想像し、開けようとして、パッケージの文言

          なみまの原木 千早茜「なみまの わるい食べもの」#1

          第34回 変化球 やまもとりえ「夜のねこでよければ」

          ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。 [毎月第2金曜日更新 はじめから読む] <前の話へ  連載TOPへ  次の話へ> 連載【夜のねこでよければ】 毎月第2金曜日更新 COMIC OGYAAA!! でも連載中 やまもとりえ 天パの長男、親方風な次男、なで肩の旦那さん+トンちゃん(猫)と暮らす、イラストレーター兼マンガ家。著書に『Aさんの場合。』『お母さんは心配

          第34回 変化球 やまもとりえ「夜のねこでよければ」

          第21回 2024年に私たちができること、始めること、やめること 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

          混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。 [毎月1回月曜日更新 はじめから読む] photo:地曳いく子/design:アルビレオ 「1円玉募金」のススメ2024年は激動の幕明けでした。 震災の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興を祈りつつ、復興のために、今私たちができることを考えてみました。 それは、募金をする

          第21回 2024年に私たちができること、始めること、やめること 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

          第四話 立春 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          器・料理に精通した早川光が蒐集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「懐石辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新 はじめから読む] Photo:岡田敬造、高野長英 第四話「立春」2024年2月4日〜2024年2月18日   「立春」は春が始まる日のこと。立夏、立秋、

          第四話 立春 早川光「目で味わう二十四節気〜歴史的名器と至高の料理 奇跡の出会い〜」

          第11回 403号室 三十九歳は冷たい手が欲しい〈前編〉 鈴木涼美「ノー・アニマルズ」

          前の住人である鮎美が引っ越した後、403号室に入居した有希子は、かつて仕事仲間だった絵里奈とルームシェアをしながら暮らしている。ステイホームが推奨されるコロナ禍、「子どものいない人生を今選択しないで済む最良の方法」として、卵子凍結をすると決めたのだが……。 2025年に取り壊しが決まっている老朽化マンションで暮らす住人たちの小さな破綻と孤独を描いた、鈴木涼美初の連作短篇小説。 [毎月金曜日更新 はじめから読む] ©︎OKANOUE Toshiko「幻想」Courtesy o

          第11回 403号室 三十九歳は冷たい手が欲しい〈前編〉 鈴木涼美「ノー・アニマルズ」

          #1 ラーメン富士丸と人間の条件(前編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

          ※このエッセイは、小説的な内容を含みます。登場する人物と団体は、基本的に架空のもので実在のものとは関係ありません。ただし、取り上げているお店はどこもとても、とてもおいしいのでオススメです。 [毎月水曜日更新] design:Kawana  Jun  気づいたときは既に手遅れだった。  あらゆるものは、崩れ去ってしまっていた。  僕たちに残されたものは、決して多くはなかった。しかし結果的に手元に残されたものは、決定的なものだった。本当に大切なものだけが、そこには存在していた

          #1 ラーメン富士丸と人間の条件(前編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

          聞く・書く・知る“極意”で予定調和に抗うために――。 吉田豪『聞き出す力 FINAL』1月26日(金)発売

          この本について2014年に刊行された『聞き出す力』の大ヒットから10年。 『続 聞き出す力』(2016年)、『帰ってきた 聞き出す力』(2023年)を経て、ついに最終作! 浅井健一、アブドーラ・ザ・ブッチャー、石川優実、荻野由佳、小沢さとる、乙葉、小山田圭吾、かざま鋭二、かまいたち濱家、樹木希林、コジン・カーン、小林旭、小日向由衣、さいとう・たかを、ジェリー藤尾、セイントフォー、高知東生、谷隼人、徳光和夫、敏いとう、キングコング西野、ブル中野、前田五郎、みうらじゅん、水野

          聞く・書く・知る“極意”で予定調和に抗うために――。 吉田豪『聞き出す力 FINAL』1月26日(金)発売

          第4回 吉永小百合と山口百恵にも勝った『伊豆の踊子』映像化第1位は、あの最強アイドル 姫野カオルコ

          幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る! [毎月第4金曜日更新 はじめから見る]  川端康成の短編小説『伊豆の踊子』は、関東大震災の3年後、大正15(1926)年に、雑誌『文藝時代』に発表されて以来、平成半ばまで

          第4回 吉永小百合と山口百恵にも勝った『伊豆の踊子』映像化第1位は、あの最強アイドル 姫野カオルコ