マガジンのカバー画像

Cat Books/猫本

41
猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

本と猫を愛する会社員のリアルな書店開業記|井上理津子/協力 安村正也 『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(1)

ホーム社の既刊から、いま読んでいただきたい本をセレクトして紹介する「ホーム社の本棚から」。7月からは井上理津子/協力  安村正也『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(2018年)を全5回でお送りします。 この夏開店4周年を迎える、三軒茶屋の「Cat’s Meow Books」は、会社員でもある安村正也さんが開いた猫本専門書店。本好きといっても関連業界の経験はなかった安村さんが、50歳を前になぜ書店を始めることになったのか。本書は、書店に精通しているノ

スキ
20

100年に一度のグランド猫の日記念  「ホーム社猫祭」 第2部

「ホーム社猫祭」第1部はお楽しみいただけましたでしょうか。 ここからは、ホーム社発信の特集企画「ホーム社猫祭」第2部をお届けしていきます! 3.ホーム社猫本紹介「ホーム社と言えば猫本!」 ホーム社ではこれまでにたくさんの猫本を発行してきました。 ここでは、物語、エッセイ、写真集、哲学書など様々なホーム社の猫本を紹介していきます。 今回寄稿していただいた村山由佳さん、北澤平祐さんのご著書も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 『ぼくとねこのすれちがい日記』北澤平

スキ
66

100年に一度のグランド猫の日記念  「ホーム社猫祭」 第1部

皆さん、毎年2月22日が「猫の日」と呼ばれているのはご存知でしょうか? そして今年の猫の日は、2022年2月22日。 なんと2が6つも並ぶ、100年に一度のグランド猫の日なのです。 ホーム社ではそんな特別な猫の日をお祝いすべく、会社を挙げて『100年に一度のグランド猫の日記念 ホーム社猫祭』を行うことになりました。 ここから先はそんなホーム社猫祭だけの特別な企画が目白押し。 猫好きのあなたも、たまたま覗いてくださったあなたも、ぜひ最後までご覧いただけたら嬉しい限りです。

スキ
288

猫と人の縁が鍵? 自宅兼店舗用の物件探し|井上理津子/協力 安村正也『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(4)

東京・三軒茶屋にある猫本専門書店の開業記『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Book』からお送りする第4回目。パラレルキャリアで書店を開業することに決めた店主の安村正也さんは具体的な準備に入り、安定した経営のため、当初は考えていなかった「自宅兼店舗」にすることを選択します。 そしていよいよ物件探し。希望にあった物件はスムーズに見つかったのでしょうか。ノンフィクションライター・井上理津子さんの語りで、わくわくする開店準備の様子を追います。 井上理津子/協力 安村

スキ
7

【電子書籍】北澤平祐『ぼくとねこのすれちがい日記』7月29日(木)配信開始

6月25日に発売された北澤平祐『ぼくとねこのすれちがい日記』が電子書籍になりました。人気イラストレーター北澤平祐さんが、愛猫との実話を元に綴った、カラーイラスト満載の絵日記ストーリーです。 紙の単行本が刊行されたときの紹介記事はこちら。また電子書籍版では、紙版とページ順の見せ方が異なり、「ぼく」と「ねこ」による交換日記のイメージが強まっています。 本書と7月19日発売の絵本『ゆらゆら』(講談社刊)の刊行を記念し、7月31日(土)に北澤平祐さんのオンライントークイベントが行

スキ
3

このまま定年まで会社にいるのはないな|井上理津子/協力 安村正也『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(3)

東京・三軒茶屋の猫本専門書店が開店するまでを追った『夢の猫本屋ができるまで Cat's Meow Books』からご紹介する第3回。 会社員でもある店主の安村正也さんが、『Cat's Meow Books』を始めたのは49歳のとき。勤め先の仕事は順調、趣味も充実していたけれど、何かが足りない「もやもや」を抱えていた──。多くの人が人生後半戦について考え始める時期、未知のパラレルキャリアに踏み切った心境に、ノンフィクションライター・井上理津子さんが迫ります。 井上理津子/協

スキ
11

開業の柱になった四つの事柄とは?| 井上理津子/協力 安村正也 『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(2)

猫本専門書店の開業記『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』からお送りする第2回。そもそも、なぜ会社員でもある店主・安村正也さんは本屋を開こうと考えたのか。最初の構想から具体的な開業プランに至るまでのあらましを聞いたインタビューを、第1章から抜粋してお届けします。 聞き手のノンフィクションライター・井上理津子さんが感心した、そのビジネスプランとは? 井上理津子/協力 安村正也 『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』(第1章「キャッ

スキ
9

『ぼくとねこのすれちがい日記』ができるまでの話【後編】/北澤平祐インタビュー

 数々の書籍装画や絵本、洋菓子「フランセ」のパッケージ、「アフタヌーンティー」の雑貨シリーズなど、多方面でいま引っ張りだこのイラストレーター・北澤平祐さん。『ぼくとねこのすれちがい日記』刊行を記念して、前回に引き続き、作品の誕生秘話をうかがいました。  ブックデザインを手がけた名久井直子さんのコメント、カバーデザイン完成のプロセス、貴重なラフ画、本に仕込んだたくさんの「仕掛け」など、作品をより楽しめる裏話満載でお届けします。 ブックデザイナー・名久井直子さんが加わり、いよ

スキ
15

『ぼくとねこのすれちがい日記』ができるまでの話【前編】/北澤平祐インタビュー

 数々の書籍装画や絵本、洋菓子「フランセ」のパッケージ、「アフタヌーンティー」の雑貨シリーズなど、多方面でいま引っ張りだこのイラストレーター・北澤平祐さん。文芸サイトHBでの連載を経て2021年6月に発売となる『ぼくとねこのすれちがい日記』通称「ぼくねこ」は、自身初となる長編。駆け出しイラストレーターと保護猫の少し不思議な絵物語は、実話がベースになっています。この作品に、北澤さんは特別な思い入れがあるとか。  企画誕生のきっかけ、イラストと文章の創作プロセス、本に仕込んだた

スキ
19

井上理津子 著/安村正也 協力『夢の猫本屋ができるまで』 6月24日(木)配信開始 #電子書籍

扱うのは猫が登場する本だけ、元保護猫の店員猫が常駐、売上の一部は保護猫団体へ寄付。三軒茶屋の住宅街に佇む小さな猫本専門書店「Cat’s Meow Books(キャッツミャウブックス)」。 2017年の開店以来、本と猫好きにこよなく愛される書店の、構想から開店までのドキュメンタリー『夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』の電子書籍の配信が、6月24日(木)に始まりました。 書店業界の経験や、コネもなかった店主の安村正也さんが、50歳を前にどうやって自分の夢

スキ
6

人気イラストレーターが初めて絵と文章で表現する、新感覚の自伝的ストーリー。北澤平祐『ぼくとねこのすれちがい日記』6月25日(金)発売

この本について売れないイラスト稼業の「ぼく」は、東京の片隅で、妙におじいちゃん顔の子ねこを拾う。一方の「ねこ」は、なぜかよくカリフォルニアのビーチを思い出していて!? ぼくとねこは共に暮らし、成長し、家族が増え、そして......。ささやかな日常におきたドラマの数々が、「ぼく」「ねこ」それぞれの視点でつづられ、色鮮やかな絵日記でよみがえる。 洋菓子の「フランセ」、おしゃれ雑貨の「アフタヌーンティー・リビング」、フランスの香水「KENZO parfums」といった商品パッケー

スキ
19

【電子書籍】村山由佳『命とられるわけじゃない』4月22日(木)配信開始

4月22日、村山由佳『命とられるわけじゃない』の電子版の配信が始まりました。 本書は、作家・村山由佳さんの、パートナーや猫たちとの軽井沢暮らしの中で紡がれた、優しくも鋭い箴言が随所に光るエッセイ集です。3月に刊行した紙版は、雑誌「猫びより」のBOOKコーナーでさっそく紹介されました。書店によっては、今年の吉川英治文学賞を受賞した長編小説『風よ あらしよ』と並んで展開されるなど、注目を集めています。 この本の「はじめに」を、HBのリンク先のページに全文掲載しています。まだご

スキ
5

美しきヒョウの母子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー5

本書のくわしい内容はこちら ☆好評発売中 第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 次回の更新は4月9日(金)です。 【写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー(全6回)】

スキ
2

イエネコの起源、アフリカンワイルドキャット| 写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー4

本書のくわしい内容はこちら ☆3月26日(金)発売! 第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 次回の更新は4月2日(金)です。 【写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー(全6回)】

スキ
4