HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

  • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

    北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。[毎月最終火曜日更新]illustration Takahashi Koya

  • 新刊紹介

    編集部の新刊をご紹介します。

  • 連載 斧屋「ひとりパフェ活のすすめ」

    人生を豊かにする「趣味としてのパフェ」指南。毎月第1・3金曜日更新 illustration: onoya / logo design: NILSON

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

記事一覧

思い出だけが残り、ものはないのが楽でいい|吉行和子『そしていま、一人になった』(4)【最終回】

女優・吉行和子さんのエッセイ集『そしていま、一人になった』(2019年)から、これまでお仕事の話題を通じて、凛とした生き方の魅力をご紹介してきました。最終回は、潔い…

新鮮な驚きの連続。山田洋次監督との出会い|吉行和子『そしていま、一人になった』(3)

女優・吉行和子さんのエッセイ『そしていま、一人になった』(2019年)から、その足跡を振り返る第3回。今回は何度目かの大きな転機になったという、山田洋次監督との初仕…

新劇俳優からの旅立ち。何もかも違う世界が、女優魂に火をつけた|吉行和子『そしていま、一人になった』(2)

吉行和子さんのエッセイ集『そしていま、一人になった』から、その人生の足跡を辿る第2回。劇団民藝に所属し、順調にキャリアを積んでいた吉行さんでしたが、折しも時代は1…

第1話 改めて、ぼっちです。|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた! ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。 illustration 山…

橋本治『人工島戦記 あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』10月7日(木)配信開始 #電子書籍

9月24日に発売された橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』が電子書籍になりました。 発売以来、話題沸騰! 2019年に逝去…

斧屋『パフェが一番エラい。』オールカラーで10月7日(木)配信開始 #電子書籍

8月26日に発売された『パフェが一番エラい。』が電子書籍になりました。年間365本以上パフェを食す、日本唯一のパフェ評論家・斧屋さんの愛とこだわりが詰め込まれた「パ…

思い出だけが残り、ものはないのが楽でいい|吉行和子『そしていま、一人になった』(4)【最終回】

思い出だけが残り、ものはないのが楽でいい|吉行和子『そしていま、一人になった』(4)【最終回】

女優・吉行和子さんのエッセイ集『そしていま、一人になった』(2019年)から、これまでお仕事の話題を通じて、凛とした生き方の魅力をご紹介してきました。最終回は、潔い考えが印象的な、ものとの付き合いかたのお話。もしかしたら、ものや過去に執着しないことは、長く活躍し続ける秘訣なのかもしれません。
妹の芥川賞作家・吉行理恵さん、母のあぐりさんの遺品整理についても語られ、人生に思いを馳せさせる一節です。

もっとみる
新鮮な驚きの連続。山田洋次監督との出会い|吉行和子『そしていま、一人になった』(3)

新鮮な驚きの連続。山田洋次監督との出会い|吉行和子『そしていま、一人になった』(3)

女優・吉行和子さんのエッセイ『そしていま、一人になった』(2019年)から、その足跡を振り返る第3回。今回は何度目かの大きな転機になったという、山田洋次監督との初仕事のエピソードをご紹介します。

「男はつらいよ」「学校」シリーズなどで知られる名匠・山田洋次監督は吉行さんの4歳年長です。長く映画の世界で活躍を続けてきたお二人ですが、一つの作品に取り組むことになったのは、21世紀に入ってしばらく経っ

もっとみる
新劇俳優からの旅立ち。何もかも違う世界が、女優魂に火をつけた|吉行和子『そしていま、一人になった』(2)

新劇俳優からの旅立ち。何もかも違う世界が、女優魂に火をつけた|吉行和子『そしていま、一人になった』(2)

吉行和子さんのエッセイ集『そしていま、一人になった』から、その人生の足跡を辿る第2回。劇団民藝に所属し、順調にキャリアを積んでいた吉行さんでしたが、折しも時代は1960年代末。唐十郎さんが旗揚げした「状況劇場」をはじめ、新劇の舞台とはまったく異なる表現が注目を集めるようになり、演劇界に新しい波が押し寄せていました。
これまでの環境を飛び出した、吉行さんの目の前に広がる世界とは……。

吉行和子

もっとみる
第1話 改めて、ぼっちです。|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

第1話 改めて、ぼっちです。|賽助「続 ところにより、ぼっち。」

大好評のHB連載「ところにより、ぼっち。」が帰ってきた!
ゲーム実況グループ「三人称」の一員としても活躍する作家・賽助が、ぼっちな日々を綴ります。
illustration 山本さほ

※本連載は2023年7月26日(水)に『今日もぼっちです。2』として書籍化されます。書籍化にあたって第1話と最終話のみ公開します。

***

 お久しぶりになります。作家の賽助です。
 2019年3月から約1

もっとみる
橋本治『人工島戦記 あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』10月7日(木)配信開始  #電子書籍

橋本治『人工島戦記 あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』10月7日(木)配信開始 #電子書籍

9月24日に発売された橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』が電子書籍になりました。

発売以来、話題沸騰! 2019年に逝去された橋本治さんが十数年にわたり書き継いだ、ある地方都市の開発をめぐる全体小説。3000枚超の遺稿を含め、全1,376ページ、重量約1.7kgの大作が、持ち運びを気にすることなく楽しめます。

単行本が刊行されたときの紹介ページはこ

もっとみる
斧屋『パフェが一番エラい。』オールカラーで10月7日(木)配信開始 #電子書籍

斧屋『パフェが一番エラい。』オールカラーで10月7日(木)配信開始 #電子書籍

8月26日に発売された『パフェが一番エラい。』が電子書籍になりました。年間365本以上パフェを食す、日本唯一のパフェ評論家・斧屋さんの愛とこだわりが詰め込まれた「パフェ指南書」。朝日新聞の読書欄で紹介されたり、斧屋さんが複数のラジオ番組に出演されるなど、メディアでも注目を集めています。
満載の写真が、電子版ではオールカラーになりました。

単行本が刊行されたときの紹介ページはこちら。

刊行を記念

もっとみる