見出し画像

橋本治『人工島戦記 あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』10月7日(木)配信開始 #電子書籍

9月24日に発売された橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』が電子書籍になりました。

発売以来、話題沸騰! 2019年に逝去された橋本治さんが十数年にわたり書き継いだ、ある地方都市の開発をめぐる全体小説。3000枚超の遺稿を含め、全1,376ページ、重量約1.7kgの大作が、持ち運びを気にすることなく楽しめます。

人工島帯なし正面

【電子版】橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』
2021年10月7日(木)配信開始

単行本が刊行されたときの紹介ページはこちら。

ホーム社の電子書籍作品

400ページを超える吉田豪『書評の星座』シリーズなどの分厚い本が手軽に読める、ホーム社の電子書籍作品をブクログの本棚にまとめています。こちらもあわせてご覧ください。

ブクログ「ホーム社文芸図書編集部」の電子書籍まとめ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!