HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

  • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

    北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。[毎月最終火曜日更新]illustration Takahashi Koya

  • 新刊紹介

    編集部の新刊をご紹介します。

  • 連載 斧屋「ひとりパフェ活のすすめ」

    人生を豊かにする「趣味としてのパフェ」指南。毎月第1・3金曜日更新 illustration: onoya / logo design: NILSON

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

記事一覧

#1 ラーメン富士丸と人間の条件(前編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

※このエッセイは、小説的な内容を含みます。登場する人物と団体は、基本的に架空のもので実在のものとは関係ありません。ただし、取り上げているお店はどこもとても、とて…

聞く・書く・知る“極意”で予定調和に抗うために――。 吉田豪『聞き出す力 FINAL』1月26日(金)発売

この本について2014年に刊行された『聞き出す力』の大ヒットから10年。 『続 聞き出す力』(2016年)、『帰ってきた 聞き出す力』(2023年)を経て、ついに最終作! 浅井…

第4回 吉永小百合と山口百恵にも勝った『伊豆の踊子』映像化第1位は、あの最強アイドル 姫野カオルコ

幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあ…

第十三話 六本木に生きる 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル! [毎月金曜日更新 はじめから読む] illustration 安倍吉俊 1  …

【重版情報】賽助『今日もぼっちです。』第6刷重版出来!!

重版のお知らせ賽助著『今日もぼっちです。』が1月23日に重版しました。ゲーム実況グループ・三人称の鉄塔さんとしても大人気で、昨年10月からは文化放送で自身のレギュラ…

第12回 できるかな 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。 [毎月最終火曜日更新 はじめから読む] illustration Taka…

#1 ラーメン富士丸と人間の条件(前編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

#1 ラーメン富士丸と人間の条件(前編)宇野常寛「ラーメンと瞑想」

※このエッセイは、小説的な内容を含みます。登場する人物と団体は、基本的に架空のもので実在のものとは関係ありません。ただし、取り上げているお店はどこもとても、とてもおいしいのでオススメです。
[毎月水曜日更新]

design:Kawana Jun

 気づいたときは既に手遅れだった。
 あらゆるものは、崩れ去ってしまっていた。
 僕たちに残されたものは、決して多くはなかった。しかし結果的に手元に

もっとみる
聞く・書く・知る“極意”で予定調和に抗うために――。 吉田豪『聞き出す力 FINAL』1月26日(金)発売

聞く・書く・知る“極意”で予定調和に抗うために――。 吉田豪『聞き出す力 FINAL』1月26日(金)発売


この本について2014年に刊行された『聞き出す力』の大ヒットから10年。
『続 聞き出す力』(2016年)、『帰ってきた 聞き出す力』(2023年)を経て、ついに最終作!

浅井健一、アブドーラ・ザ・ブッチャー、石川優実、荻野由佳、小沢さとる、乙葉、小山田圭吾、かざま鋭二、かまいたち濱家、樹木希林、コジン・カーン、小林旭、小日向由衣、さいとう・たかを、ジェリー藤尾、セイントフォー、高知東生、谷隼

もっとみる
第4回 吉永小百合と山口百恵にも勝った『伊豆の踊子』映像化第1位は、あの最強アイドル 姫野カオルコ

第4回 吉永小百合と山口百恵にも勝った『伊豆の踊子』映像化第1位は、あの最強アイドル 姫野カオルコ

幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る!
[毎月第4金曜日更新 はじめから見る]

 川端康成の短編小説『伊豆の踊子』は、関東大震災の

もっとみる
第十三話 六本木に生きる 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

第十三話 六本木に生きる 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル!
[毎月金曜日更新 はじめから読む]

illustration 安倍吉俊



 タワーマンション最上階近く、その見晴らし絶景な部屋で、俺はうどんを食っていた。
 窓の外には電子回路のごとき夜景が広がり、テーブルの隣には美女がいて、俺と同様にうどんを啜っている。
「一緒に作って食べると美味しいですね」

もっとみる
【重版情報】賽助『今日もぼっちです。』第6刷重版出来!!

【重版情報】賽助『今日もぼっちです。』第6刷重版出来!!

重版のお知らせ賽助著『今日もぼっちです。』が1月23日に重版しました。ゲーム実況グループ・三人称の鉄塔さんとしても大人気で、昨年10月からは文化放送で自身のレギュラー番組「ひとりのよる」が始まるなど、さらに活躍の場を広げている賽助さんですが、そのバックグラウンドとして外せないのが本書に綴られる数々の「ぼっちエピソード」です。この機会にぜひ第2弾『今日もぼっちです。2』とあわせて、お近くの書店でお買

もっとみる
第12回 できるかな 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

第12回 できるかな 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。
[毎月最終火曜日更新 はじめから読む]

illustration Takahashi Koya



 逃げ出した2人は、鶏荷川のほとりに腰かけていた。
 悟は腫れた目で、対岸にある橋脚をながめる。
 まばらに雑草が生えたそのあたりでは、今年の春、大島雫の生首が見つかり、橋の上は野次馬でにぎ

もっとみる