HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 千早茜「なみまの わるい食べもの」

    一度読んだらクセになる味わい。直木賞作家にして稀代の食いしん坊、千早茜の人気エッセイ「わるたべ」シリーズ最新作。定期連載化にあたってマガジン名を「なみまの わるい食べもの」に改称しました。[第2・4水曜日更新]illustration:北澤平祐

  • 賽助「続々 ところにより、ぼっち。」

    大人気連載、3期目に突入! ゲーム実況グループ・三人称の「鉄塔」こと作家の賽助が、ぼっちな日々を綴ります。

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

  • Author Talks

    作家のインタビュー、対談、書店トークイベントなどをお届けします。著者の新刊の話を中心に、テーマやゲストは多岐にわたります。

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

記事一覧

第10回 ジェノサイド 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。 [毎月最終火曜日更新 はじめから読む] illustration Taka…

〈記憶の保管庫〉としての日記 沼野恭子──クルコフ『侵略日記』解説全文公開

10月26日、ウクライナの作家アンドレイ・クルコフさんのノンフィクション『侵略日記』の日本語版(福間恵訳)が発売されました。巻末には、20年前にクルコフ作品を日本に紹…

第18回 服選びも世の中のシステムも「例年通り」は通じない! 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子…

誰もが戦争の暴力から家族を守るために逃げようとしていた。戦時下のウクライナの記録。アンドレイ・クルコフ『侵略日記』冒頭公…

小説『ペンギンの憂鬱』『灰色のミツバチ("Gray Bees")』の著者で、2014年のマイダン革命を『ウクライナ日記』に書き記したアンドレイ・クルコフが、2022年2月に始まった…

No.17『綿の国星』大島弓子 石田衣良「小説家・石田衣良を育てた50冊」

子供の頃から無類の本好きだった小説家・石田衣良。小説家になり、ついには直木賞作家へと駆け上がった彼がこれまで読んできた中で特に影響を受けた作品50冊を、人生の思い…

第1回 美文字と女の園 姫野カオルコ「顔を見る」

幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあ…

第10回 ジェノサイド 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

第10回 ジェノサイド 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。
[毎月最終火曜日更新 はじめから読む]

illustration Takahashi Koya



 キャンプファイヤーがはじまった。
 夜の湖畔にやぐらが組まれ、実行委員たちがトーチで着火する。
 炎はたちまち成長して、ときおり高く舞い上がると、不用意に近づいてきた羽虫を呑みこんだ。
 

もっとみる
〈記憶の保管庫〉としての日記 沼野恭子──クルコフ『侵略日記』解説全文公開

〈記憶の保管庫〉としての日記 沼野恭子──クルコフ『侵略日記』解説全文公開

10月26日、ウクライナの作家アンドレイ・クルコフさんのノンフィクション『侵略日記』の日本語版(福間恵訳)が発売されました。巻末には、20年前にクルコフ作品を日本に紹介した、ロシア文学者の沼野恭子さんによる解説が収められています。作家自身のことが、本書の位置づけや意義が、非常にわかりやすく説かれた、またとないテキストです。

▼『ペンギンの憂鬱』の著者による戦時下のウクライナの記録。アンドレイ・ク

もっとみる
第18回 服選びも世の中のシステムも「例年通り」は通じない! 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

第18回 服選びも世の中のシステムも「例年通り」は通じない! 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。
[毎月1回月曜日更新 はじめから読む]

photo:地曳いく子/design:アルビレオ

寒暖差に気をつけて、「自分の体感温度」で服を選ぼう呆れるほど長かった暑い日々もやっと終わり、気持ちの良い気候になりました。月島佃も

もっとみる
誰もが戦争の暴力から家族を守るために逃げようとしていた。戦時下のウクライナの記録。アンドレイ・クルコフ『侵略日記』冒頭公開

誰もが戦争の暴力から家族を守るために逃げようとしていた。戦時下のウクライナの記録。アンドレイ・クルコフ『侵略日記』冒頭公開

小説『ペンギンの憂鬱』『灰色のミツバチ("Gray Bees")』の著者で、2014年のマイダン革命を『ウクライナ日記』に書き記したアンドレイ・クルコフが、2022年2月に始まったロシアとウクライナの戦争について、国内避難生活のさなかに書いたノンフィクション『侵略日記』の日本語版が発売されました。同年 7 月までの戦時下のウクライナの日々が、作家の観察眼で生々しく綴られた貴重なドキュメントです。

もっとみる
No.17『綿の国星』大島弓子 石田衣良「小説家・石田衣良を育てた50冊」

No.17『綿の国星』大島弓子 石田衣良「小説家・石田衣良を育てた50冊」

子供の頃から無類の本好きだった小説家・石田衣良。小説家になり、ついには直木賞作家へと駆け上がった彼がこれまで読んできた中で特に影響を受けた作品50冊を、人生の思い出とともに紹介する書評エッセイ。
[毎週金曜日更新]

photo:大塚佳男

 あれは1978年5月のことだった。
 大学に入学してひと月とすこし。ゴールデンウイーク間近の日ざしはすでに夏のようで、土曜午前の講義から帰ってきたぼくは、近

もっとみる
第1回 美文字と女の園 姫野カオルコ「顔を見る」

第1回 美文字と女の園 姫野カオルコ「顔を見る」

幼い頃から人の顔色を窺うと同時に、「顔」そのものをじーっと見続けてきた作家・姫野カオルコ。愛する昭和の映画を題材に、顔に関する恐るべき観察眼を発揮し、ユーモアあふれる独自理論を展開する。顔は世につれ、世は顔につれ……。『顔面放談』(集英社)につづく「顔×映画」エッセイを、マニアック&深掘り度を増して綴る!
[毎月第4金曜日更新]

 ようやく酷暑から逃れられた昼のごはん。簡単にすまそうと、スーパー

もっとみる