見出し画像

第18回 服選びも世の中のシステムも「例年通り」は通じない! 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。
[毎月1回月曜日更新 はじめから読む

photo:地曳いく子/design:アルビレオ


寒暖差に気をつけて、「自分の体感温度」で服を選ぼう

あきれるほど長かった暑い日々もやっと終わり、気持ちの良い気候になりました。月島つきしまつくだも半月遅れで金木犀きんもくせいの花が香りだし、やっとおしゃれをする気持ちの気温になりました。

そこで気をつけたいのが、昼と夜、前日との寒暖差です。それを甘くみてはいけません。寒暖差が7度以上あると寒暖差疲労といって体調を崩しやすくなるそうです。

金木犀も半月以上遅れて咲いたように、例年通りの10月末とか11月の服装を考えても、寒かったり暑かったりします。ですから、「11月だから」とか「秋だから」とかいう考えを捨てて、あくまでも「自分の体感温度」で服を選ぶのが賢明だと思います。

基本的に、実際の気温と、その人が肌で感じている気温は、人それぞれ差があると思います。夏に男性が暑い暑いとクーラーの温度を18度に設定すると、大概の女性は冷え冷えになってしまいますよね。

ですから、季節とか、他の人の服装に惑わされず、自分の体感温度を信じて服装を決めてくださいね。昼夜の寒暖差が激しい時は、半袖のTシャツにカーディガンやパーカーを重ねて脱ぎ着するのも一つのやり方です。

例年通りはもう通じない! これは気候だけではなく、世の中のシステムまでみんな同じ。そんな時代に生きていると感じています。

ユニクロUのトップス、今の季節に私は重宝しています。更年期障害でホットフラッシュが出ていない方にオススメします。
タートルネックデザインなので、冷えやすい首と肩も安心。ビッグシルエットながら、上品な大人色。

秋の集い そろそろみんなで集まろう!

黒田知永子さん宅で、仲が良い業界仲間の「魔女会」をしました。私以外は超売れっ子ヘアメイクの猛者たちも集まり、久々にフルメンバーが揃いました。

黒田知永子さんの美味しい手料理と、各自飲みたいものや食べたいものを持ち寄った気軽な集いです。知永子さんの愛猫ゴマちゃんや愛犬トロちゃんとも遊べた、癒しの時間でした。

黒田知永子さんとゴマちゃん。

皆さんもそろそろ気の合う仲間と気楽に集まってみてはがいかがでしょうか?

左からヘアメイクの福沢京子さん、徳田郁子さん私、佐々木貞江さん。

大好きなukaとジェルネイルシートの7nanaがコラボ発表会

ネイルフェチの私が公私ともどもお世話になっている大好きなuka(ウカ)と、毎回素敵なジェルネイルシートを買わせていただいている7nana(ナナ)が、コラボで新製品発表会をしました。

ukaからは、爪に優しい除光液と新しい処方になったネイル専用セラム、オイル、さらにnana7とコラボしたジュルネイルシートまで。ukaスペシャルのジェルネイルシートも早く試したいです。

7nanaの新作も早速色々試して、秋の爪先に変身できました。

大人な気分を上げるTHOM BROWNEの香水

ニューヨークの人気ブランド、トム・ブラウンのブランド設立20周年の記念パーティーに行ってきました。ブランドを設立したばかりの頃、ニューヨークで見た彼の衝撃的なコレクションのことなどを思い出し、感慨深い夜でした。

そこでお土産にいただいたのがトム・ブラウンの香水。彼のシグネチャーカラーであるグレーに、3色リボンのタブをあしらった箱に収められたのは、ベチパーの香りの小瓶。モダンでいてオリエンタルな香りのベチパーが、大人の気分を上げてくれます。

甘い香りが苦手な私にぴったりで、当分ヘビロテしそうです。

人生の節目に一人旅 新刊『50代からの大人ひとり旅』

2023年10月25日に私の新刊、旅の本が発売されました。

『大人の旅はどこへでも行ける 50代からの大人ひとり旅』(扶桑社、1,540円税込)

仕事、子育てなど色々なことが落ち着きはじめる50歳、人生の節目でもありますが、そんな時思い切って一人旅に出かけてはいかがでしょうか?

時代も変わり、女ひとりでも旅に出やすくなりました。スマホのアプリを使えば宿も飛行機も新幹線もすぐに予約でき、チケットレスで旅に出られる時代です。

何かを得るだけが旅ではありません。日常のルーティンとなっている行動や持ち物を見直すことができるのも旅の良い点です。この本を参考に、まずはご近所、隣町、隣県の日帰り温泉からでも良いので、また、旅に出てみませんか?

鎌倉秋の味覚 若い料理人に感動

中学生からのお付き合い、もう50年以上仲良くしてくれている鎌倉在住の友人と仕事の打ち合わせを兼ねて鎌倉で待ち合わせることに。

お目あての御成おなり通りにある「パンダバル」がお休みだったため、急遽、由比ヶ浜ゆいがはまにあるお蕎麦そば屋「SLOVE(スローブ)」さんへ。

若い素敵なスタッフが作る佐島さじまのタコなど、地元産のおつまみなどが最高に美味しく、日本酒のセレクトも良い感じ。もちろん十割蕎麦も美味しかったです。

近頃、若いシェフが作る料理に感動することが多いです。自由な発想で素材を生かしたお料理で、量もちょうど良いなど、人生いろいろなものを食べてきましたが、まだまだ新しい味に出会えるのだなぁと思いました。

<前の話へ  連載TOPへ  次の話へ>
連載【日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!】
毎月1回月曜日更新

地曳いく子(じびき・いくこ)
1959年生まれ。スタイリスト。「non-no」をはじめ、「MORE」「SPUR」「Marisol」「eclat」「Oggi」「FRaU」「クロワッサン」などのファッション誌で30年以上のキャリアを誇る。スタイリングのみならず、洋服のプロデュースからTV、ラジオと幅広く活躍中。著書に『50歳、おしゃれ元年。』『服を買うなら、捨てなさい』『日々是混乱 これが私のニューノーマル』『ババア最高!+60からのHappyおしゃれ』(槇村さとるさんとの共著)『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』『60歳は人生の衣替え』など多数。新刊は『50代からの大人ひとり旅』。
Twitter:@FukuBot
Instagram:@ikukoluv

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!