HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

マガジン

  • 宇野常寛「ラーメンと瞑想」

    東京には一人で食事のできる場所が多くある。ラーメンやさまざまな外食を楽しみながら、更なる充足に向けて探求する著者の日々を綴った小説的エッセイ。[毎月水曜日更新]design:Kawana  Jun

  • 千早茜「なみまの わるい食べもの」

    一度読んだらクセになる味わい。直木賞作家にして稀代の食いしん坊、千早茜の人気エッセイ「わるたべ」シリーズ最新作。定期連載化にあたってマガジン名を「なみまの わるい食べもの」に改称しました。[第2・4水曜日更新]illustration:北澤平祐

  • 連載 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

    人気エッセイ「日日是混乱」がハッピーを求めて再始動! BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。[毎月1回月曜日更新]

  • 蟹めんま「出戻りて、奈良。~中年娘のシカ県民やり直し日記~」

    修学旅行では行けない奈良、あります――。16年ぶりに地元で暮らすことになったアラフォー漫画家が、ゆかいな奈良の素顔をお届け! 連載コミックエッセイ。 [毎月第2・第4金曜更新]

  • 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

    老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル![毎月金曜日更新]illustration 安倍吉俊

ウィジェット

記事一覧

真藤順丈【ヴンダーカマー文学譚】一人目 蒲生の賞金稼ぎ

「夢にすがることは、万能の薬でも尊い美徳でもなんでもない」 新人賞4冠受賞。売れないどん底時代から、直木賞受賞――物語に憑かれた「憑依型作家」の真藤順丈が本領を…

第1話 夏の葬列 宇野常寛「チーム・オルタナティブの冒険」

その夏、「僕」はある地方都市に暮らす高校生だった。 愛すべき仲間たちとの変わり映えのない、退屈な、しかし心地よい閉じた楽園が、ある事件をきっかけにゆるやかに崩れ…

斎藤文彦/プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』電子版1月13日(木)配信開始

Twitter等でも話題! 12月15日に発売された異色の対談集・斎藤文彦/プチ鹿島『プロレス社会学のススメ コロナ時代を読み解くヒント』が電子書籍になりました。 プロレス…

マンスリーニュース 2022年1月

あけましておめでとうございます。 ホーム社文芸図書編集部です。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 月一回配信のマンスリーニュースでは、前月公開した記事をふり…

橋本治『人工島戦記』#25 やっとヒロインも出て来る

「年越し『人工島戦記』祭り」こと橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』の最終日です。2021年の話題作ですが、2022年も引き…

橋本治『人工島戦記』#24 現地人は無関心だ(ザ・ネイテイブズ・アー・ムカンシング)

昨年末から実施している「年越し『人工島戦記』祭り」こと橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』の試し読み連載です。このあ…

真藤順丈【ヴンダーカマー文学譚】一人目 蒲生の賞金稼ぎ

真藤順丈【ヴンダーカマー文学譚】一人目 蒲生の賞金稼ぎ

「夢にすがることは、万能の薬でも尊い美徳でもなんでもない」
新人賞4冠受賞。売れないどん底時代から、直木賞受賞――物語に憑かれた「憑依型作家」の真藤順丈が本領を発揮する、小説家ワナビーたちの数奇な群像劇。連載再開を前に、第一話「一人目」を80枚一挙掲載ッ!

Illustration:MOTOCROSS SAITO

「ヴンダーカマー文学賞」原稿募集!◉賞の概要
ヴンダーカマー(Wunderkam

もっとみる
第1話 夏の葬列 宇野常寛「チーム・オルタナティブの冒険」

第1話 夏の葬列 宇野常寛「チーム・オルタナティブの冒険」

その夏、「僕」はある地方都市に暮らす高校生だった。
愛すべき仲間たちとの変わり映えのない、退屈な、しかし心地よい閉じた楽園が、ある事件をきっかけにゆるやかに崩れていく。
「これは想像力の必要な仕事だ」──それは、世界を変える魔法の呪文。冒険のはじまりを告げる、狼煙のような言葉。
※本連載は小社より単行本として刊行される予定です。
※書籍化にあたって第1話以外の公開を終了しました。

design

もっとみる
斎藤文彦/プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』電子版1月13日(木)配信開始

斎藤文彦/プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』電子版1月13日(木)配信開始

Twitter等でも話題! 12月15日に発売された異色の対談集・斎藤文彦/プチ鹿島『プロレス社会学のススメ コロナ時代を読み解くヒント』が電子書籍になりました。
プロレスファンが思わず膝を打つ本書の内容については、下のリンク先をご覧ください。1月14日(金)に予定している刊行記念トークイベント(配信あり)の情報も掲載しています。

ホーム社の電子書籍作品プロレス・格闘技ファン必読の吉田豪『書評の

もっとみる
マンスリーニュース 2022年1月

マンスリーニュース 2022年1月

あけましておめでとうございます。
ホーム社文芸図書編集部です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

月一回配信のマンスリーニュースでは、前月公開した記事をふりかえるとともに、刊行物関連のイベント情報などをお届けしています。

12月に公開した記事8日(水)
千早茜「こりずに わるい食べもの」第13話 食べものの重み

14日(火)
賽助「続 ところにより、ぼっち。」第5話 僕の夏休み

20

もっとみる
橋本治『人工島戦記』#25 やっとヒロインも出て来る

橋本治『人工島戦記』#25 やっとヒロインも出て来る

「年越し『人工島戦記』祭り」こと橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』の最終日です。2021年の話題作ですが、2022年も引き続き盛り上げていきます!(連載TOPへ)

イベント情報

2022年1月5日(水)、編集者・文筆家の仲俣暁生さんと、物語評論家・ライターのさやわかさんが『人工島戦記』をめぐる対談イベントを開催します。詳しいお知らせは、主催ゲンロン

もっとみる
橋本治『人工島戦記』#24 現地人は無関心だ(ザ・ネイテイブズ・アー・ムカンシング)

橋本治『人工島戦記』#24 現地人は無関心だ(ザ・ネイテイブズ・アー・ムカンシング)

昨年末から実施している「年越し『人工島戦記』祭り」こと橋本治『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』の試し読み連載です。このあと1月5日まで続きます!(連載TOPへ)

イベント情報

2022年1月5日(水)、編集者・文筆家の仲俣暁生さんと、物語評論家・ライターのさやわかさんが『人工島戦記』をめぐる対談イベントを開催します。詳しいお知らせは、主催ゲンロンカフェの

もっとみる