マンスリーニュース 2022年1月
見出し画像

マンスリーニュース 2022年1月

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

あけましておめでとうございます。
ホーム社文芸図書編集部です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

月一回配信のマンスリーニュースでは、前月公開した記事をふりかえるとともに、刊行物関連のイベント情報などをお届けしています。

12月に公開した記事

8日(水)
千早茜「こりずに わるい食べもの」第13話 食べものの重み

第13話と第14話の挿絵/illustration 北澤平祐

14日(火)
賽助「続 ところにより、ぼっち。」第5話 僕の夏休み

20日(月)~31日(金)
橋本治『人工島戦記』試し読み
12月20日から試し読み連載を再開。年明け1月5日まで毎日更新しました。

22日(水)
千早茜「こりずに わるい食べもの」第14話 乾物のつぶやき

27日(月)
2021年に出版・配信した本

一年間を振り返りました

28日(火)
賽助「続 ところにより、ぼっち。」第6話 半年間

作家になりたい人は必読!! 直木賞作家・真藤順丈が暴く、小説新人賞の光と陰。小説連載『ヴンダーカマー文学譚』2022年より再始動!

2022年1月、プロジェクト再始動


お知らせ

『人工島戦記』を読み解くイベントがゲンロンカフェで開催

1月5日(水)、ゲンロンカフェにて、橋本治さんの『人工島戦記』を読み解くトークイベント【仲俣暁生×さやわか「いまこそ語ろう、橋本治――『人工島戦記』と平成の想像力」】が開催されました。
現在、アーカイブが配信されています。詳しくは主催ゲンロンカフェのサイトでご確認ください。


『プロレス社会学のススメ』の刊行記念イベントがロフトプラスワンで開催

1月14日(金)、ロフトプラスワンにて『プロレス社会学のススメ コロナ時代を読み解くヒント』刊行記念トークイベントが開催されます。著者の斎藤文彦さんとプチ鹿島さん、そして、本書の聞き手・構成を務めた堀江ガンツさんが出演されます。
詳しい内容やお申し込み方法は主催ロフトプラスワンのサイトでご確認ください。


『書評の星座 紙プロ編』がプロレス本大賞(技能賞)を受賞、記念イベントが書泉グランデで開催

『書評の星座 紙プロ編 吉田豪のプロレス&格闘技本メッタ斬り 1995-2004』が、書泉制定「プロレス本大賞2021」の技能賞を受賞しました。これを記念し、1月27日(木)に書泉グランデにて、著者の吉田豪さんと書評家の豊崎由美さんによるトークイベント「書評とは何か?」が開催されます。
詳しい内容やお申し込み方法は主催の書泉グランデのサイトでご確認ください。

【マンスリーニュース】
毎月5日頃配信予定

更新のお知らせや最新情報はTwitterで発信しています。ぜひフォローしてください!

うれしいです!
HB ホーム社文芸図書WEBサイト
HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。