HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

  • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

    北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。[毎月最終火曜日更新]illustration Takahashi Koya

  • 新刊紹介

    編集部の新刊をご紹介します。

  • 連載 斧屋「ひとりパフェ活のすすめ」

    人生を豊かにする「趣味としてのパフェ」指南。毎月第1・3金曜日更新 illustration: onoya / logo design: NILSON

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

記事一覧

【電子書籍】スタイリスト地曳いく子さんのエッセイ集『日々是混乱』配信開始

トークの面白いスタイリスト 女性誌を中心に長年にわたって活躍されているスタイリストの地曳いく子さん。本業と同じくらいに人気を集めているのが、毒舌とユーモアを交え…

パフェとデートする|斧屋「パフェが一番エラい。」第29話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売  パフェはだいたい、一人で食べている。その方が自分の都合でお店を自由にまわれるし、味わう行為に…

【三刷重版】賽助著『今日もぼっちです。』12月23日(水)に重版出来です。

またも重版! 賽助さんの初エッセイ『今日もぼっちです。』の三刷重版が、12月23日(水)にできました。 人気ゲーム実況者にして作家の賽助さんが、少年期から現在までの…

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (5)人生のトライアンドエラー問題

トライアンドエラーを繰り返してこなかった結果がこれ 賽助 「ピアノ」の話で書かれていた、「やったことないけどできそう」みたいな感覚って僕も子供の頃すごくありまし…

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (4)占いとプロレス、そして猫

占いとプロレスの親和性を発見する 渡辺 賽助さんが行かれた占いで、プロレスの話をされたというエピソードがあるじゃないですか。私、同じ人に占ってもらったことがある…

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (3)飲み会とパーティーでの「ぼっちあるある」

強制的にぼっちだと、つらい ──渡辺さんは、ぼっちという自任はありますか? 渡辺 どうかな。たぶんぼっちなんですけれど、賽助さんのエッセイを読ませてもらって、す…

【電子書籍】スタイリスト地曳いく子さんのエッセイ集『日々是混乱』配信開始

【電子書籍】スタイリスト地曳いく子さんのエッセイ集『日々是混乱』配信開始

トークの面白いスタイリスト
女性誌を中心に長年にわたって活躍されているスタイリストの地曳いく子さん。本業と同じくらいに人気を集めているのが、毒舌とユーモアを交えた軽快なお話です。

デビュー作『50歳、おしゃれ元年。』をはじめ、『服を買うなら捨てなさい』など著作も多く、いまでは「OurAge」や「mi-mollet」といったウェブマガジンでも執筆されています。

撮影:フルフォード海

その地曳さ

もっとみる
パフェとデートする|斧屋「パフェが一番エラい。」第29話

パフェとデートする|斧屋「パフェが一番エラい。」第29話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売

 パフェはだいたい、一人で食べている。その方が自分の都合でお店を自由にまわれるし、味わう行為に集中できる。
 しかし、一人でパフェを食べるのが恥ずかしい、という声もある。あるいは、男性がパフェを食べるのは憚られるという話も聞く。その気持ちを、理解はできる、が。
 ちまたで、一人ぼっちで行動する意味の「ぼっち」という言葉が流行

もっとみる
【三刷重版】賽助著『今日もぼっちです。』12月23日(水)に重版出来です。

【三刷重版】賽助著『今日もぼっちです。』12月23日(水)に重版出来です。

またも重版! 賽助さんの初エッセイ『今日もぼっちです。』の三刷重版が、12月23日(水)にできました。

人気ゲーム実況者にして作家の賽助さんが、少年期から現在までのさまざまな「ぼっち」エピソードを綴っていく本書には、クリスマスシーズンのお話も。

実は賽助さんのお誕生日はクリスマスイブ2日前の12月22日。子ども時代はクリスマスとまとめて一緒にお祝いされていました。でも、自分の誕生日がクリスマス

もっとみる
賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (5)人生のトライアンドエラー問題

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (5)人生のトライアンドエラー問題

トライアンドエラーを繰り返してこなかった結果がこれ
賽助 「ピアノ」の話で書かれていた、「やったことないけどできそう」みたいな感覚って僕も子供の頃すごくありました。僕は中学のときに「野球ができる」と思っていて。野球以外にも、ギターとか弾けるなって思っていたんですね。でも、実際に手にしたら全然弾けない。そうやって自信満々で色々やっては壁にぶつかって、あっ、自分はそんなに大したことなかったな……と気づ

もっとみる
賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (4)占いとプロレス、そして猫

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (4)占いとプロレス、そして猫

占いとプロレスの親和性を発見する
渡辺 賽助さんが行かれた占いで、プロレスの話をされたというエピソードがあるじゃないですか。私、同じ人に占ってもらったことがあるかもしれない。

賽助 えっ、ほんとですか。

渡辺 その人自身もプロレスやっていませんでした?

賽助 いや、その人はプロレスやってないと思います。僕が行ったのは池袋なんですが。

渡辺 あ、じゃ違うか。占いに行ったら、チラシを渡されて、

もっとみる
賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (3)飲み会とパーティーでの「ぼっちあるある」

賽助×渡辺優【並行宇宙を生きるふたりのぼっち 全5回】 (3)飲み会とパーティーでの「ぼっちあるある」

強制的にぼっちだと、つらい
──渡辺さんは、ぼっちという自任はありますか?

渡辺 どうかな。たぶんぼっちなんですけれど、賽助さんのエッセイを読ませてもらって、すごい共感できる部分と、ここは違うなという部分がわりとはっきりあるんです。たとえば私、飲み会は好きなんですね。みんなでわいわいするのは好きなんですけれど、1回飲み会に行ったら、その後4日ぐらいはひとりでいたい。

賽助 クールダウンの時間が

もっとみる