HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年1…

HB ホーム社文芸図書WEBサイト

HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    言葉の舟 心に響く140字小説の作り方

    フォロー,ほしお さなえ
  • 商品画像

    パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~

    斧屋
  • 商品画像

    80年代音楽ノート

    田家 秀樹

マガジン

  • 早川光「目で味わう二十四節気」

    器・料理・茶の湯に精通した早川光が収集した樂吉左衛門、尾形乾山、北大路魯山人などの歴史的名器に、茶懐石の最高峰「辻留」が旬の料理を盛り込む。 「料理を盛ってこそ完成する食の器」 二十四節気を色鮮やかに映し出した“至高の一皿”が織りなす唯一無二の世界を、写真とともに早川光の文章で読み解くフォトエッセイ! [二十四節気ごとに更新]

  • 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

    北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。[毎月最終火曜日更新]illustration Takahashi Koya

  • 新刊紹介

    編集部の新刊をご紹介します。

  • 連載 斧屋「ひとりパフェ活のすすめ」

    人生を豊かにする「趣味としてのパフェ」指南。毎月第1・3金曜日更新 illustration: onoya / logo design: NILSON

  • Cat Books/猫本

    猫の本、猫が出てくる作品、猫にまつわる話、をまとめています。

記事一覧

石見銀山編 千早茜「ときどき わるい食べもの」

[不定期連載 はじめから読む] illustration:北澤平祐  上空からでも、緑の鮮やかさがわかった。ああ、懐かしい色だ、と思った。  四月に石見銀山のある島根県大田…

第6回 静かな湖畔の森の陰から 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。 [毎月最終火曜日更新 はじめから読む] illustration Taka…

第13回 さよなら「年相応」。服もバタフライも「自分相応」の時代に 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子…

第五話 はたらく滝本 その2 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル! [毎月金曜日更新 はじめから読む] illustration 安倍吉俊 1  電…

第19回 ビジネス用語 やまもとりえ「夜のねこでよければ」

ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。 [毎月第2・…

少しの「雑さ」が、血の通ったデザインを生む  ナカムラクニオ

ゼロから1冊の本が生まれるまでのプロセスを、著者のナカムラさんが実験的に日記で公開していきます。#7 [毎月第2・4金曜日更新 はじめから読む] ナカムラクニオ 「…

石見銀山編 千早茜「ときどき わるい食べもの」

石見銀山編 千早茜「ときどき わるい食べもの」

[不定期連載 はじめから読む]

illustration:北澤平祐

 上空からでも、緑の鮮やかさがわかった。ああ、懐かしい色だ、と思った。
 四月に石見銀山のある島根県大田市へ行った。戦国末期から江戸初期の石見銀山を舞台にした物語『しろがねの葉』を刊行してから初めてのことで、訪れるのは一年ぶりだった。大きな賞をいただいての嬉しい再訪だったが、一抹の不安とともに担当編集者と飛行機を降りた。
 到

もっとみる
第6回 静かな湖畔の森の陰から 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

第6回 静かな湖畔の森の陰から 佐藤友哉「妻を殺したくなった夜に」

北国の地方都市を舞台に、少女連続殺人事件をめぐる中学生男女の冒険を描く、佐藤友哉による青春ミステリー。
[毎月最終火曜日更新 はじめから読む]

illustration Takahashi Koya



 消火活動がうまくいったのか、もともと大した火事でなかったのかはともかく、被害は書斎と両親の寝室だけですんだ。
 母親の話では、火災保険も満額を受け取ることができそうだったが、とはいえリフォ

もっとみる
第13回 さよなら「年相応」。服もバタフライも「自分相応」の時代に 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

第13回 さよなら「年相応」。服もバタフライも「自分相応」の時代に 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。
[毎月1回月曜日更新 はじめから読む]

photo:地曳いく子/design:アルビレオ

「年相応」なんて忘れてOK! 自分相応で楽しい人生を暖かくなり気分も一新、新しい風を感じるこの頃。ふと考えたことがあります。

もっとみる
第五話 はたらく滝本 その2 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

第五話 はたらく滝本 その2 滝本竜彦「超人計画インフィニティ」

老いと死の不安を乗り越えるために「超人計画」が再始動する。滝本竜彦によるハイブリッドノベル!
[毎月金曜日更新 はじめから読む]

illustration 安倍吉俊



 電気が止まった。
 スマホも止まった。
 社会との接点を絶たれた俺はアパートの暗がりの中で静かに朽ちていく運命かと思われた。
「本当にごめんなさい、滝本さん。まさかあの貯金箱の五百円が滝本さんの全財産だったなんて……」
 

もっとみる
第19回 ビジネス用語 やまもとりえ「夜のねこでよければ」

第19回 ビジネス用語 やまもとりえ「夜のねこでよければ」

ここは、いつも優しいねこママと、クールなバーテンダー林クンが迎えてくれる、九州のとあるバー。今夜も楽しく興味深い(?)よもやま話が繰り広げられます。
[毎月第2・4金曜日更新 はじめから読む]

<前の話へ  連載TOPへ  次の話へ>

連載【夜のねこでよければ】
毎月第2・4金曜日更新
COMIC OGYAAA!! でも連載中

やまもとりえ
天パの長男、親方風な次男、なで肩の旦那さん+トンち

もっとみる
少しの「雑さ」が、血の通ったデザインを生む  ナカムラクニオ

少しの「雑さ」が、血の通ったデザインを生む  ナカムラクニオ

ゼロから1冊の本が生まれるまでのプロセスを、著者のナカムラさんが実験的に日記で公開していきます。#7
[毎月第2・4金曜日更新 はじめから読む]

ナカムラクニオ

「おお! すごく良い」
 ついに表紙のデザインが決まった。アクリル絵の具をチューブからしぼり出したような、濃いピンク色だ。ピンクは、恋愛や生命感を表現する色として知られている。芸術家のこじらせた恋愛を語る本には、ぴったりだ。
 さっそ

もっとみる