見出し画像

賽助著『今日もぼっちです。』刊行記念 〈三人称〉雑談 ~特別回~ ④

ドンピシャ×賽助×ぺちゃんこ

〈三人称〉雑談 ~特別回~ ④をお送りします。完結編です。
『今日もぼっちです。』のイラストや帯文について、語っていただきました。
構成=編集部
(写真左から、ドンピシャさん、賽助さん、ぺちゃんこさん)

「ぼっち」にぴったり! 絶妙なイラストと帯文

──みなさんへ。『今日もぼっちです。』の装画・挿画は、WEB連載時にもイラストを描いていただいた漫画家の山本さほさんです。ご感想を伺えますでしょうか。

ぼっち正面

 山本さんに描いてもらえて、本当によかったね、鉄塔さん。

 よかったよね。そもそも自分が山本さんの大ファンで、WEB連載のときにダメ元でお願いしてみたら、快くお引き受けいただいて、さらに単行本のカバーからスゴロクまで描いてくださった。本当にありがたい限りです。

 今回、〈三人称〉のイラストも描いてもらったんだよね。ありがとうございます!

 ありがとうございます! どこに出てくるかは、買ってからのお楽しみ、ということで。

 でも絶妙だよね。あのイラストの感じ。

 あのゆるさが「ぼっち」っていう言葉とすごく合うし。

 そうなんだよ。それぞれのエッセイを読んでいくと、途中とか最後にぽつんと出てくるんだよ、山本さんのイラストが。あれがいいのよ。

 そうね。

 分かる。

 ドンさんが好きな「野球少年」の挿画もすごく切なくて。

 あれ本当、まじで切ない。

 山本さんの作品自体が、何か切ないというか、哀愁漂う感じで大好きなんですよ。

D いや本当、この本にもすごく合ってる。

P そうね、鉄塔さんよかったね!

──賽助さんへ。今回の帯文は、〈三人称〉と同じくゲーム実況をされている〈TEAM 2BRO.〉の弟者(おとじゃ)さんに寄せていただきました。ご感想をお聞かせください。

 どうですか?

 いや、弟者君の帯文、結構嫌なところついてきたなと思ったな(笑)。『私と一緒に遊んでいる時は「ぼっち」なの? どうなの!?』って。あの攻め方は、いやー上手いんだよね。

 確かに上手いよね。

 この本にピッタリ。絶妙だよね。

 でもいいな、帯文。俺とドンさんはやったことない。

 ないね。

 あれ? 君ら帯文やったことない?

 先生には度々やらせてくれって言ってんだけど……。

 うん。最初は俺らだと思ってたよ……。

 最初はね、俺と担当編集とで、君ら二人にお願いしようかなって話してたんだけど、ある時、弟者っていう選択肢もあるなって。それで君ら二人には、この雑談でこの本について話してもらおうってなったわけ。

 なるほど、そうですか。まあ、あちら(TEAM 2BRO.)はYouTubeのチャンネル登録者数が290万超(2020年10月16日現在)ですしね。しかし、よくまあ頼んだよね。

 よく弟者君も引き受けてくれたね。

 本当にありがたかったです。

賽助×ぺちゃんこ(補正済)

──それでは最後に、『今日もぼっちです。』をこれから読まれるみなさんに向けてメッセージをお願いします。

 じゃあ、ぺーさんからどうぞ。

 ……まあ、正直なところ、賽助先生の小説をまだ読み切ってないんです。

 とうとう言質(げんち)を取りましたよ!(笑)

 でも、この『今日もぼっちです。』はエッセイ本ということで、文章的にも非常に読みやすいと感じました。自分のように読書が苦手という方でも楽しめると思いますので、ぜひともお買い求めください。

 なるほど、じゃあドンさん、お願いします。

 そうですね。俺が思うに、『今日もぼっちです。』は、賽助先生の“伝記”です。賽助先生(鉄塔さん)が歩んできた道が、そのまま本という形になったものだと。

 もう、「THE 賽助」だよね。

 なるほどね。

 賽助先生のこれまでの人生が存分に味わえるから、これを読めば、賽助先生、つまりは鉄塔さんがどんな人なのか、かなり分かるんじゃないかな。

 そうですか。

 そう。だから、このエッセイ本を読んだうえで、小説二冊も読むと、また違う賽助が感じられて、面白いのではないかと思います。ぜひお楽しみください!

 二人ともお上手、結構腕を上げたね(笑)。なるほど、ありがとうございます。多くの方にぜひ読んで、楽しんでもらえるとありがたいです。10月26日発売の『今日もぼっちです。』、どうぞよろしくお願いいたします!

D/P よろしくお願いします!!

 というわけで、賽助著『今日もぼっちです。』刊行記念「〈三人称〉雑談 ~特別回~」は、これにて終了となります。ありがとうございました!

賽/D ありがとうございました!

(了)

③へ / ①から読む

画像6

賽助著『今日もぼっちです。』
2020年10月26日発売
1,600円(本体)+税

詳しい内容はこちら『今日もぼっちです。』新刊情報 https://hb.homesha.co.jp/n/n4ce701f88cf6

賽助ソロ(補正済)

賽助(さいすけ)
東京都出身、埼玉県さいたま市育ち。大学にて演劇を専攻。ゲーム実況グループ「三人称」のひとり、「鉄塔」名義でも活動中(イメージカラーは緑)。また、和太鼓パフォーマンスグループ「暁天」に所属し、国内外で演奏活動を行っている。著書に『はるなつふゆと七福神』(第1回本のサナギ賞優秀賞)『君と夏が、鉄塔の上』がある。

ドンピシャソロ(補正済)

ドンピシャ
「三人称」メンバーで、イメージカラーは青。唯一の既婚者。旅先で切符や貴重品を失くすことが多く、メンバーからいつも心配されている。メロコアバンドkoeのドラムとしても活動中。2020年4月に3rd single「RUSH」をリリース。

ぺちゃんこソロ(補正済)

ぺちゃんこ
「三人称」メンバーで、イメージカラーはピンク。動画内ではカメラ役を務めることが多い。ドンピシャ氏とは高校からの同級生。購入した家電がすぐに壊れるため、スライダー体質(電気特異体質)ではないかと疑われている。メロコアバンドkoeのベースとしても活動中。

●「三人称」チャンネル
ニコニコ動画 https://ch.nicovideo.jp/sanninshow
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCtmXnwe5EYXUc52pq-S2RAg

●和太鼓グループ「暁天」
公式HP https://peraichi.com/landing_pages/view/gyo-ten

●koe official channel
YouTube  https://www.youtube.com/channel/UC4fuN2PD6oE4dfUa0c8RG4g
※3rd single「RUSH」ダウンロード販売サイト一覧 https://linkco.re/UVM9MpsA

うれしいです!
227
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 賽助 ところにより、ぼっち。
連載 賽助 ところにより、ぼっち。
  • 30本

小説家、ゲーム実況者、和太鼓奏者と3つの顔を持ち、華々しく活動する一方、青春時代は「ぼっち」だった一面も!? そんな賽助さんが多彩に綴るエッセイ連載。果たしてどんな話が飛び出すのか……。 illustration 山本さほ ※本連載が書籍化します。賽助『今日もぼっちです。』10月26日発売予定です。