見出し画像

人生が華やぐ“パフェ活”の秘訣満載! 斧屋『パフェとデートする。 ~ひとりパフェ活のすすめ~』4月26日(金)発売


この本について

“ぼっち”じゃない。パフェとの逢瀬なんだ。
2010 年代からブームが続くパフェ。パフェ店は増加の一途をたどり、メニューの進化と多様化は ますます進み、“パフェ活”は文化として根付きつつある。本書は、そんなパフェブームを牽引してきた日本唯一の“パフェ評論家”が、その知識と経験を結集して魅惑のパフェ沼へといざなう1冊。とりわけ、ひとりでパフェを食べる行為を「パフェとのデート」としてとらえているのが特徴だ。 初心者から愛好家まで楽しめる“ひとりパフェ活”の極意を、具体的かつ圧倒的熱量をもって徹底紹介する。

パフェの魅力があふれるフルカラーページを多数掲載
四季を味わうためのパフェカレンダー
パフェ活をより深く充実させるためのヒントが詰まった「パフェセットリスト」や100語についてパフェ的な視点で解説する「パフェ用語集100」などの付録も充実!

“芸能界のスイーツ女王”ぼる塾・田辺智加さん推薦!

目次

パフェカレンダー
パフェ解剖図
入門編 ひとりパフェ活のすすめ
#01 ひとりパフェでじぶんを知る
#02 パフェの見つけ方~そのパフェに、熱量はあるか?~
#03 明日パフェの予約があるから、今日は余裕で乗り切れる
#04 最高のセットリストでパフェはしご(1)
#05 最高のセットリストでパフェはしご(2)
#06 朝パフェ~物語はここから始まる~
#07 夜パフェ~物語の終わりに~
#08 ちゃんと不純であるために
#09 心も体も整うパフェ道
#10 朝九時の多治見で始めるパフェ遠征
#11 尖ったパフェは東京にあり
#12 パフェはそんなに甘いもんじゃない
#13 パフェを撮る。はやく、おいしく、美しく
#14 パフェを耳でも楽しもう
#15 パフェは香りの博覧会
#16 一年後、きっとまた会えるよね
#17 パフェは食感の実験場
#18 フルーツと洋菓子、いいとこ取り
#19 こんな魅力もあるんだよ、知ってた?
#20 パフェは日本独自の文化です
#21 ファミレス、パフェに本気
#22 コンビニパフェに救われる日がきっとある
#23 パフェをひとりで楽しむ文化
応用編 セットリスト&モデル
付録① パフェ用語集100
付録② パフェ図録集
コラム パフェのお悩み相談

紹介されました

ご購入はこちら

斧屋『パフェとデートする。~ひとりパフェ活のすすめ~』
2024 年 4 月 26 日(金)発売
定価:2,200 円(10%税込)
体裁:四六判ソフトカバー 128p(カラー96p + モノクロ 32p)
発行:ホーム社/発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5383-2

イベント情報

※イベントは終了しました。
※アーカイブを販売中。

2024年4月27日(土)、本書の刊行を記念して東京の今野書店にてトーク&サイン会を開催しました。お相手は『バンギャルちゃんの老後』の著者で、オタクや推し活にも詳しいライター・藤谷千明さんです。

現在アーカイブ購入にてご視聴いただけます。
詳しくは下記よりご確認ください。

『パフェとデートする。 ~ ひとりパフェ活のすすめ ~』 刊行記念トークイベント 斧屋×藤谷千明 推しが〈パフェ〉ってどうですか?

※イベントは終了しました。

2024年6月29日に、斧屋さんの『パフェとデートする。~ひとりパフェ活のすすめ~』(ホーム社刊)と、トミヤマユキコさんの『ネオ日本食』(リトルモア刊)の発売を記念して、東京・高円寺の蟹ブックスにてトークイベントを行いました。

東北芸術工科大学芸術学部准教授でフードカルチャーにも造詣の深いトミヤマユキコさんをゲストにお迎えし、進化するパフェとの向き合い方や、「ネオ日本食」としてのパフェの面白さ、食文化に対するそれぞれのスタンスなどをたっぷりお話しいただきました。Q&Aコーナーでは、参加した皆さんや蟹ブックス店主・花田菜々子さんからユニークな質問が次々に飛び出し、熱気あふれる一夜となりました。

著者プロフィール

斧屋(おのや)
パフェ評論家、ライター。東京大学文学部卒業。パフェの魅力を多くの人に伝えるために、雑誌、配信チャンネル、ラジオ、トークイベント、テレビなどで活動中。パフェの魅力を探究するコミュニティ「パフェ大学」主宰。著書に『パフェ本』『パフェが一番エラい。』がある。

既刊紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!