見出し画像

混迷を極める世の中をどうすればよりよく生きられるのか? 江原啓之『この世が危ない!』11月24日(金)発売


著者メッセージ動画

この本について

前作『あなたが危ない!』での「最終警鐘」から4年。
コロナ禍、ウクライナ侵攻、元首相暗殺など想像もできなかった問題が重なり、物価高騰は歯止めがきかず、様々な陰謀論が飛び交い、政府への疑惑や不満は募る一方と、この世はますます混迷を極めています。
「危ない」シリーズ最後のメッセージ集となる本書では、3章立てでこれらの問題との向き合い方を考えていきます。
第1章では数々の問題の中から特に重要な、食料危機、有事と戦争、原発、環境・気候変動、富とグローバリズム、医療という6つのトピックを取り上げ、迫っていきます。
第2章では江原氏の守護霊「昌清霊まさきよれい」による、実に20年ぶりの霊界からのメッセージを掲載。江原氏を通して語られる、霊界の生の声をお届けします。
第3章では前2章をふまえ、この時代にどうすれば幸せな人生と未来を創っていけるのかを考えていきます。
先の見えない「この世」に不安を抱えるすべての人々に向けて、現世、霊界の立場からよりよく生きるための道筋を照らす一冊です。

《世の中の多くの人が、この時代を生きることに大きな不安を抱えているように思います。それもそのはず、最近ではウクライナ紛争、北朝鮮のミサイル発射、それに対して曖昧な方針しか示せない日本政府。特に日本政府への不信感は日ごと募っているように思います。(中略)
これまでにも私は、『子どもが危ない!』という書籍で提言しましたように、なぜこのような時代になったのかを研究しました。そして『いのちが危ない!』により、いのちの大切さと自殺の不毛を提言しました。また『あなたが危ない!』という書籍では、食や様々な理由により、人が壊れていくことを危惧し、その原因を示しました。そして今……。
「この世が危ない!」と提言します。》──まえがきより

目次

まえがき
第1章 この世の闇を知る
 足元を照らそう
 食料危機
 有事と戦争
 原発
 環境・気候変動
 富とグローバリズム
 医療
第2章 霊界に問う
 霊界からのメッセージとは
 はじめに
 この世の闇とは
 善と悪、正しい生き方とは
 病、原発、ワクチン、私たちが被る様々な痛手
 食の安全と食料危機
 コオロギ食推進の真実
 気候変動と食
 地球温暖化は本当にあるか
 日本が売られる本当の理由
 世界はひとつという考え方
 国同士の摩擦、有事と戦争の可能性
 富士山噴火と祈り
 日本の資源の行方
 陰謀論から得る気づき
 霊界と私たちについて
 未来への不安を問う
第3章 幸せになるための道
 運命を拓く
 自分の神域
 食の神域
 心の神域
 肉体の神域
 たましいの神域
 未来をつくる

ご購入はこちら

江原啓之『この世が危ない!』
2023 年 11 月 24 日(金)発売
定価:1,540 円(10%税込)
体裁:新書判/本文208ページ
発行:ホーム社 発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5364-1

著者プロフィール

江原啓之(えはら・ひろゆき)
1964 年生まれ。スピリチュアリスト。世界ヒーリング連盟元会員。和光大学人文学部芸術学科 を経て國學院大学別科神道専修Ⅱ類修了。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。 吉備国際大学ならびに九州保健福祉大学客員教授。一般社団法人日本フィトセラピー協会顧問。 著書に『あなたが危ない!――不幸から逃げろ!』『あの世の歩き方 この世じまいの“地図”を 手にすればもう迷わない』、共著に『きれいに逝かせてください』ほか多数。

既刊紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!