見出し画像

ウクライナの作家が綴った戦時下の市民の記録 アンドレイ・クルコフ『侵略日記』10月26日(木)発売


この本について

これは私的な日記であり、この戦争についての私の個人的な歴史でもある。これは私の物語であり、私の友人たちの、知人たちの、見知らぬ人たちの物語であり、私の国の物語である

小説『ペンギンの憂鬱』『灰色のミツバチ("Gray Bees")』の著者で、2014年のマイダン革命を『ウクライナ日記』に書き記したアンドレイ・クルコフが、2022年2月に始まったロシアとウクライナの戦争について、国内避難生活のさなかに書いたノンフィクション。戦争の激化していく同年7月までの日々が、作家の観察眼で生々しく綴られている。戦時下のウクライナの貴重な記録。ロシア文学者・沼野恭子による解説「〈記憶の保管庫アーカイブ〉としての日記」を収録。

日記冒頭を公開

沼野恭子さんの解説全文を公開

紹介されました

  • 2023年11月11日 NHK ETV特集「個人的な大江健三郎」内で朗読

  • 2023年11月19日 産経新聞 書評「戦時下の文化と生活」評者・沼野充義

  • 2023年11月20日 ハーパーズ バザー1・2月合併号(ハースト婦人画報社)評者・綿貫あかね

  • 2023年11月30日 週刊文春12月7日号「文春図書館」

  • 2023年12月10日 北海道新聞「ウクライナ戦争 本質に迫る」評者・米田綱路

  • 2024年1月13日 信濃毎日新聞ほか「ウクライナ 抵抗の言葉を撃つ」評者・小野元裕

  • 2024年2月3日 日本経済新聞短評

  • 2024年2月9日 週刊読書人「21世紀の『アンネの日記』」評者・金井啓子

  • 2024年3月16日 図書新聞「歴史は繰り返す」評者・新庄孝幸

目次

  • まえがき

  • 二〇二一年一二月二九日 デルタよ、さようなら! こんにちは、オミクロン!

  • 二〇二二年一月三日 「戦争には触れないで!」

  • 二〇二二年一月五日 メリークリスマス!

  • 二〇二二年一月一四日 ウクライナのテレビ番組 プロデューサーたちと俳優たち

  • 二〇二二年一月一五日 ろうそくが灯る一月の夜

  • 二〇二二年一月二一日 「悪く思わないでくれ!」

  • 二〇二二年一月二八日 ウイルスと戦争の間

  • 二〇二二年一月三〇日 自分の言葉を選ぶこと ウクライナの言語問題

  • 二〇二二年二月二日 歴史を作り変えること

  • 二〇二二年二月一一日 ウクライナの戦場 街路、図書館、教会

  • 二〇二二年二月一三日 すべてが熱い、サウナも熱い

  • 二〇二二年二月二〇日 戦争の気配の中の文化

  • 二〇二二年二月二三日 緊張が走る、だがパニックにはならず

  • 二〇二二年二月二四日 キーウでの最後のボルシチ

  • 二〇二二年三月一日 時は来た

  • 二〇二二年三月二日 笑顔の私を覚えていて

  • 二〇二二年三月三日 国境
    (中略)

  • 二〇二二年七月一一日 戦争、車、そして夏

  • あとがき

  • 解説〈記憶の保管庫アーカイブ〉としての日記 沼野恭子

ご購入はこちら

アンドレイ・クルコフ(著)/福間恵(訳)『侵略日記』
2023年10月26日(木)発売
定価:2,970円(10%税込)
体裁:四六判ソフトカバー・320 頁
発行:ホーム社・発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5375-7
装幀:水戸部 功

著者/訳者プロフィール

著者:アンドレイ・クルコフ(Andrey Kurkov)
キーウ在住のロシア語作家。1961年ソ連のレニングラード州ブードゴシチに生まれ、3歳のときに家族でキーウに移る。キーウ国立外国語教育大学卒業。オデーサでの兵役、新聞や出版社の編集者を務めるかたわら、小説やシナリオを執筆。1996年に発表した『ペンギンの憂鬱』が国際的なベストセラーとなる(邦訳は沼野恭子訳、新潮クレストブックス)。著作は30以上の言語に翻訳されている。日本では『大統領の最後の恋』(前田和泉訳、新潮クレストブックス)、『ウクライナ日記』(吉岡ゆき訳、ホーム社)も紹介されている。2014年フランスのレジオンドヌール勲章。18年から22年までウクライナ・ペン会長。22年、本書でドイツのゲシュヴィスター・ショル賞を受賞。

訳者:福間恵(ふくま・めぐみ)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程(現代文芸論)単位取得満期退学。記事翻訳・出版翻訳を手がける。訳書に『英文創作教室』(共訳、研究社)、『作家たちの手紙』(共訳、マール社)、『アニマル・スタディーズ』(共訳、平凡社)などがある。

関連記事

▼アンドレイ・クルコフ『ウクライナ日記』2015年の日本語版序文 吉岡ゆき訳

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!