新刊情報

22

【新刊情報】猫と亡き父に教わった、うまく"あきらめて"楽に生きる知恵。村山由佳『命と…

本サイトで連載していた、村山由佳さんの『命とられるわけじゃない』が、3月26日(金)に単行本として発売されます。愛猫〈もみじ〉との最後の一年が綴られた『猫がいなけりゃ息もできない』に続く、魂ふるえるエッセイの最新刊です。 この本について 今はたとえ辛くとも、1日また1日をどうにかや…

【新刊情報】 うち、ここにおるやん。村山由佳『もみじの言いぶん』発売中

この本の内容  17歳で今生を旅立ったあの子が見てきた世界とは。  作家・村山由佳さんの盟友で、たくさんのフォロワーから愛された三毛猫・もみじ。2018年3月、もみじは17歳で今生を旅立ちました。  彼女の軽妙洒脱な関西弁のつぶやきが、時にユーモラスに、時に厳しく、時に切なく……私たちの…

【新刊情報】猫と人の愛しき日日。村山由佳『猫がいなけりゃ息もできない』発売中。

この本の内容 「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」 房総・鴨川での田舎暮らしを飛び出して約15年。度重なる転機と転居、波乱万丈な暮らしを経て、軽井沢に終の住まいを見つけた村山由佳さん。当初2匹だった猫も、気づけば5匹に。 中でも特別なのが、人生の荒波をともに渡ってきた盟友〈もみじ〉…

【電子書籍化】愛らしい写真満載。村山由佳『もみじの言いぶん』が電子書籍になりました…

エッセイ『猫がいなけりゃ息もできない』や、NHKのドキュメンタリー番組「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」が放送されたのをきっかけに、多くの人に知られ、愛されるようになった、作家・村山由佳さんの愛猫〈もみじ〉。 彼女が17歳で今生を旅立ってから2度目の3月、フォトエッセイ『もみじの言いぶん…