見出し画像

ダ・ヴィンチ、ローランサン、フジタ、モネ……恋愛こそ芸術の起爆剤だった!? 『こじらせ恋愛美術館』5月26日(金)発売!

愛すべき芸術家たちの自由で 不器用すぎる生き様に、
勇気と学びを得る「おとなの教科書」
 


この本について

読売新聞書評欄で宮部みゆき氏が激賞産経新聞プレジデントオンライン など多くのメディアで紹介された、話題の「こじらせ」美術シリーズ。第2弾のテーマは「恋愛」!著者は、自身も美術家として活動し、美術解説やアートイベントにもひっぱりだこのナカムラクニオ氏。芸術家への愛あふれる肖像画とキャッチコピーをはじめ、画家の代表作や、その人生を象徴する場面、カギとなるアイテムなどを豊富なイラストで表現し、視覚的要素満載でわかりやすく解説する。

こんな人におすすめ

  • 美術館巡りをもっと楽しみたい

  • 巨匠たちから人生のヒントを学びたい

  • 画家について知りたいが、どんな本を手にとったらよいかわからない

  • 楽しくわかりやすく教養を身につけたい

  • すべての芸術家

人生をこじらせぎみな芸術家たちは、意外な有名人と関係があることも⁉ アートだけでなく、ファッション、文学、映画などカルチャー全般に興味がある人も必見です。
彼らの芸術を豊かにした人間味あふれる恋愛とは⁉

目次より

《登場する画家たち》

カミーユ・クローデル ロダンを創り、ロダンに破壊された悲劇の彫刻家
レオナルド・ダ・ヴィンチ 美意識過剰な天才は巻き毛がお好き
マリー・ローランサン パステルカラーの華麗なる恋の女王
ジョージア・オキーフ 砂漠と結婚した女神
アンリ・ド・トゥールズ=ロートレック フランス版「好色一代男」
藤田嗣治 寝取られフジタの乳白色の人生
ジャクソン・ポロック 酒とスピードと強すぎる三人の女
クロード・モネ 奇妙な大家族を背負って
ミケランジェロ・ブオナローティ 手先は器用、恋には不器用
アルベルト・ジャコメッティ 妻の恋人は僕の恋人

《人物相関図や系譜など》

こじらせ恋愛診断
こじらせ恋愛美術界相関図
こじらせモテモテ画家の系譜
こじらせすぎ恋愛画家の系譜
こじらせ美術ブックガイド

本書より

モネが代表作「睡蓮」を描いたのは、大家族(愛人一家含む)を養うためだった!?

「光の画家」クロード・モネは、色彩豊かな風景を眺め、その画風と同じように穏やかな人生を過ごした――そんなイメージはないだろうか。しかし実は、貧困による自殺未遂、愛する妻の早すぎる死、 パトロンの夜逃げなど、壮絶な経験をしている。むしろ、その黒歴史や心に潜む深い影こそが、モネ の絵具の下地となってキャンバスの絵の具を光らせているのだ。そして、奇妙な大家族を養わなければいけないという、現実的な側面もあった。 (「クロード・モネ 奇妙な大家族を背負って」より)

紹介されました

ご購入はこちら

ナカムラクニオ『こじらせ恋愛美術館』
2023 年 5 月 26 日(金)発売
体裁:四六判ソフトカバー 本文 128P(うちカラー64P)
定価:1,980 円(10%税込み)
発行:ホーム社/発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5372-6
ブックデザイン:望月昭秀+林真理奈(NILSON)
カバー及び本文イラスト:ナカムラクニオ

連載紹介

第1弾「こじらせ美術館」の試し読みと、ゼロから1冊の本が生まれるまでのプロセスをつづった日記が現在連載中。「こじらせ恋愛美術館」制作の舞台裏も⁉

シリーズ既刊

「こじらせ美術館」
画家たちのトラブルだらけの人生から芸術を読み解く「こじらせ」美術シリーズ第1弾。

著者プロフィール

ナカムラクニオ
1971 年東京都生まれ。東京・荻窪の「6 次元」主宰、美術家。日比谷高校在学中から絵画の発表を はじめ、17 歳で初個展。現代美術の作家として山形ビエンナーレ等に参加。金継ぎ作家としても活動している。著書 に『村上春樹語辞典』『古美術手帖』『モチーフで読み解く美術史入門』『洋画家の美術史』『こじらせ美術館』など。
Twitter:@6jigen
Instagram:@6jigen
6次元ウェブサイト:http://rokujigen.blogspot.com/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!