見出し画像

第6回 髪型を変える、オシャレを変える、運を変える 地曳いく子「日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!」

混乱の日々の中でも、小さなハッピーをミルフィーユのように積み重ねていきたい。BBAの自由なファッション&日常を数センチ豊かにするヒントを、スタイリスト・地曳いく子が綴ります。
[毎月1回月曜日更新 はじめから読む

photo:地曳いく子/design:アルビレオ


髪型とファッションの深い関係

先月、突然、金髪強めのおかっぱボブになりました。
 
前髪もパッツンボブです。いつものように髪型が選べない美容室(私の場合だけ?笑)TWIGGY.の松浦美穂さんと、カラーリスト大島さんによる力作。襟足や顔まわりは黒で、おかっぱにしたときの表面はブリーチした金髪という、かなりエキセントリックな髪型です。
 
以前50歳の時にもおかっぱボブにしたことはあるのですが、63歳の今、13年も経つと髪質や量も変わったみたいで、まったく違う印象のボブになって新鮮な気持ちになりました。

金髪強めのおかっぱボブになりました!

行きはロングウルフ、帰りはほぼ金髪ボブへの大変身。当然、似合う服も変わり、ちょっと焦りました。パソコンでいったら強制終了されて、再起動したような感じです。同じ服を着ても違うイメージになるし、指名手配されても捕まらないかも、ぐらいの大変身になりました。

切る前のロングウルフの私。

私の場合、髪型だけはすべて松浦さんにお任せしているので、毎回びっくりしながらも楽しく変身アップデートできています。ちょっと「あれっ?」と思っても、数日で髪型と顔が馴染んできますし、服のコーディネイトも色々試しているうちに新しい髪型とのバランスがわかってきます。

実は、髪型とファッションはとても深い関係があるのです。

よく、50歳をすぎたあたりから、ファッションがわからなくなったというお悩みをいただきますが、「昔の髪型」にしがみついていることも一つの要因だと思います。身体だけではなく「髪質」も変化しますし、たとえ髪質が変わらなくても、お顔自体が変化している場合も。そんな時は思い切って髪型を変えてみたらいかがですか? 新しい自分のおしゃれを発見するキッカケになると思います。
 
現状打破したければ、美容院を変えたっていい。もし、新しい髪型が気に入らなくても髪なんて、また伸びますし、前の美容院に「ちょっと浮気しちゃいました」って戻っても、きっと温かく受け入れてくれますよ!(美容師友人に聞いた話です)。

50歳のときもボブにしていました。誕生パーティーの私。かなりワルですね(笑)。

また、髪の毛の長さやボリュームなどで体全体のバランスも変わるため、似合う服も変わってきます。みなさんも、ロングヘアをそのまま垂らすのと、後ろで一つにまとめるのとでは、同じ服装でも印象が変わるのは経験験済みだと思います。ショートヘアでも、どこにボリュームを出すかで随分印象が変わりますし。ちなみに後頭部のトップに逆毛を立ててボリュームを出すと、少しだけスタイルが良く見えます(笑)。
 
ヘアカラーも重要ですよね。今回、髪を染める前に、カラーリストの大島さんに、「白髪が目立たないように、真っ黒ではなくハイライトを入れてね」と、一つだけリクエストしました。その結果が、インナーカラーが黒の金髪ボブです。根元も黒っぽい色で、確かに白髪や黒い髪が伸びてきても目立たない! パンクスの大島さんの素晴らしい解釈でした。

髪型を変えるということは、ファッションだけでなく、運も変えることだと思います。長く続いたコロナのおかげで何となくどんよりしていた気持ちも軽やかになった気がしました。

その後も、貝印のKOBAKOで買った前髪専用カットバサミでおかっぱ前髪をキープしています。横にバッサリではなくタテに少しずつ切るのがコツです。

KOBAKOの前髪専用バサミで前髪をキープしています。前髪はこんなふうに、タテにハサミを入れて少しずつ切るのがコツ。

大人のハッピーは筋力から? その2

腰が痛い! とにかく腰が痛い日々で、何にも集中できない日々が続きました。痛い腰をかばいながら受けた中央区の健康診断で「そんなに痛いなら、骨粗鬆症こつそしょうしょう、骨折の可能性もあるから整形外科でレントゲンを受けてみてください」と言われました。
 
早速、整形外科のレントゲン予約を取ってみた結果が「脊髄がずれている、すべり腰」。
 
ものすごいショックです。「とりあえず痛み止めを飲み、湿布を貼りながら、腹筋と背筋を鍛えて、ずれた背骨を自分の筋肉で元に戻してみましょう」と言われました。結局、筋力? 背骨に負担がかからない水中歩きやクロールをしに、プールに通う日々になりました。トホホですね。

担当医の許可をいただいて写メを撮りました。「普通ずれないのに。とりあえず自重筋力トレーニングを!」と担当医から。トホホです。

今月の清水買い

買っちゃいました! SIXPAD(シックスパッド)のパワーガン。
 
行きつけのスポーツクラブにしばらく体験コーナーが設置されていて、プール帰りに何回も試してみて、なんだかこれ良いんじゃない? しかも20%オフという魅惑のオファーにつられ購入。
 
確かにお値段は高いですが、マッサージ数回分と思って、硬くなった足の裏から肩甲骨の付け根まで、4種類ある付属のアタッチメントをつけ替えながらヘビロテしています。

SIXPADのパワーガンをヘビロテ中。健康あってのおしゃれですから。

今月のおまけ Netflixと若い子に学ぶ韓国コスメ

Netflixで韓国ドラマを見ていると、よくバッグから、謎のピンクのスティックを取り出して塗り塗りしている場面を見ませんか? まあその他にも突然チキンを食べたりsubwayのサンドイッチを食べたりと、韓国ドラマはタイアップ(商品をドラマ内で使うことでスポンサーから製作費が出る)は多いのですが、“ピンクスティック”はかなり気になっていました。
 
そんな時、ライブ仲間で韓国語に堪能な知人のツイッターでこのピンクスティックを発見。KAHI(カヒ)リンクルバウンス マルチバーム。早速Amazonで購入しました。急に寒くなって乾燥が気になるこれからの季節かなり重宝しそうですよね。
 
もう一つ、韓国コスメで気になっていたのが「クッションファンデ」。でも種類が多すぎてどれが良いのかわからない。地元飲み仲間の若い女子とコスメ談義になったときに教えてもらったのがこれ。cos:mura のBBクッションファンデーション(SPF50+/PA+++/UVA+UVB)。
 
ワンカラーでどの肌色にも合い日焼け止め効果もバッチリ。お値段も可愛い3000円程度。これもAmazonで購入して使っています。
 
新しい情報は若い子に聞け! ですね。

ネトフリで気になっていたピンクスティック(KAHIリンクルバウンス マルチバーム)と、cos:mura BBクッションファンデーション。愛用しています。

<前の話へ  連載TOPへ  次の話へ>

連載【日日是混乱2 ハッピーレイヤード大作戦!】
毎月1回月曜日更新

地曳いく子(じびき・いくこ)
1959年生まれ。スタイリスト。「non-no」をはじめ、「MORE」「SPUR」「Marisol」「eclat」「Oggi」「FRaU」「クロワッサン」などのファッション誌で30年以上のキャリアを誇る。スタイリングのみならず、洋服のプロデュースからTV、ラジオと幅広く活躍中。著書に『50歳、おしゃれ元年。』『服を買うなら、捨てなさい』『日々是混乱 これが私のニューノーマル』『ババアに足りないのは愛!+60からのHappyおしゃれBOOK』(槇村さとるさんとの共著)『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』など多数。
Twitter:@FukuBot
Instagram:@ikukoluv

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!