見出し画像

京都の偏屈な食いしん坊作家、初の東京ひとり暮らしに挑む 千早茜『こりずに わるい食べもの』11月25日(金)発売

果てなき欲望の海原を、食って食らって突き進め。
「体にいい」の呪縛を解く、異色の食エッセイ第3弾!

イベントのお知らせ

お申し込み方法などの詳細は各店のイベントページにてご確認ください。

  • 千早茜先生トークショー&サイン会(金沢)
    日時 2022年11月27日(日)14:00~ ※終了しました。
    場所 うつのみや金沢香林坊店
    URL https://www.utsunomiya.co.jp/news/14923/

  • 千早茜さんトーク&サイン会 対談ゲスト・北澤平祐さん(東京)
    日時 2022年12月17日(土)14:00~15:30(開場13:30) ※終了しました。
    場所 八重洲ブックセンター本店
    URL https://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/23273/


この本について

食にただならぬ情熱を燃やし、Twitterの美味しそうな食べもの投稿でも知られる作家・千早茜さんによる異色の食エッセイ・シリーズ『わるい食べもの』(通称「わるたべ」)。幅広い世代・性別から支持を受けるシリーズの第3弾は、これまでの京都から東京へと舞台を移し、さらに深みを増してお届けします。20年以上暮らした京都を離れ東京でひとり暮らしを はじめた著者は、変化し続ける2021〜22年の東京を拠点に、何を食べ、どう生きるのか? 偏屈でチャーミングな食いしん坊が食を通じて人生を見つめ直し、考えたことの断片たちを、ユーモラスに繊細に、そして真摯に綴ったエッセイをご堪能ください。

内容紹介(一部試し読み)

  • 40年ずっと嫌厭してきたIHと仲良くなれるのか?……「コンロのT-1000

  • 緊急事態宣言下の連休で果実食に挑戦してみたが……「先祖返り

  • 投げやりだった20代の頃、白昼夢のような海の記憶……「海老の頭

  • 横浜中華街で、肉汁過多の極北に出会った……「中華街の粉仕事

  • 10代の息苦しさから救ってくれた、雨とココアとビスケット……「雨と神様の物語

……ほか、多彩な味わいの全30話。山形へ旅した「山形編」、アフリカ時代の鮮烈な記憶を描く「川の底」など書き下ろし4編も収録!


北澤平祐さんによる挿絵

カバーと挿絵を手掛けるのは、洋菓子「フランセ」のパッケージ等で知られる大人気イラストレ ーターの北澤平祐さん。不思議でかわいい、本書でしか見られない「食」の世界を楽しめます。

中華街の粉仕事」より


シリーズに寄せられた絶賛の声

  • 彼女が自分を基準に普通だと思っていることは、たいがいおかしい。そんなチハヤがあるとき真顔で、「エッセイってどう書くのかわからなくて……」と言った。何を言ってるんだ、こんな凄いものを書いておいて。──村山由佳さん(作家)

  • ユーモラスな毒と愛を持って綴られた食べ物たちは、驚くほど魅惑的だ。千早茜さんのエッセイは、日常的な食事さえも、特別な一口に変えてしまう。──島本理生さん(作家)

  • やっぱり千早さんは、おいしいものへの情熱と解像度が高い。 ──岡田育さん(文筆家)


そろえたくなる装丁

本の装丁を担当したのは、人気デザイナーの川名潤さん。クールで力強い川名さんのデザインと、可愛くておしゃれな北澤平祐さんのイラスト。おふたりの化学反応によって、「わるたべ」シリーズは、「強くて可愛い」顔の本になりました。色違いで本棚に並べると素敵です。

紹介されました

LINEスタンプ登場

「わるい食べもの」シリーズのLINEスタンプができました。小説家とイラストレーターのコラボによる、クセになる味わいのスタンプです。


書誌情報

千早茜『こりずに わるい食べもの』
2022年11月25日(金)発売
定価:1,540 円(10%税込)
発行:ホーム社/発売:集英社
体裁:四六判ハードカバー160P
ISBN:978-4-8342-5365-8
装画・挿画:北澤平祐
装丁:川名潤
電子書籍:同時発売

サイン本取扱店

【取扱店一覧(順不同)】
・東京堂書店
・大盛堂書店
・書泉芳林堂書店 高田馬場店
・三省堂書店 有楽町店
・三省堂書店 名古屋本店
・三省堂書店 池袋本店
・三省堂書店 神保町本店仮店舗
・紀伊國屋書店 梅田本店
・紀伊國屋書店 新宿本店
・紀伊國屋書店 札幌本店
・紀伊國屋書店 横浜店
・丸善 名古屋本店
・丸善 日本橋店
・丸善 丸の内本店
・ブックファースト 新宿店
・奈良 蔦屋書店
・宮脇書店 和歌山店
・ジュンク堂書店 名古屋栄店
・ジュンク堂書店 池袋本店
・くまざわ書店 池袋店
・TSUTAYA 三軒茶屋店
・TENDO八文字屋
※サイン本の在庫状況は各書店様にお問い合わせください。


著者プロフィール

千早茜(ちはや・あかね)
1979年北海道生まれ。小学生時代の大半をアフリカで過ごす。立命館大学文学部卒業。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作で09 年に泉鏡花文学賞、13年『あとかた』で島清恋愛文学賞、21年『透明な夜の香り』で渡辺淳一文学賞を受賞。小説に『男ともだち』『犬も食わない』(共著・尾崎世界観)『ひきなみ』『しろがねの葉』など。エッセイ集に『わるい食べもの』『しつこく わるい食べもの』『胃が合うふたり』(共著・新井見枝香)がある。
Twitter: @chihacenti



誤植のお詫び 初版分のオビにおきまして、「中華街の粉仕事」とすべきところを「中華街の紛仕事」と間違えて印刷してしまいました。重版より訂正させていただきます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや最新情報はXで発信しています。ぜひフォローしてください!