見出し画像

【新刊情報】 うち、ここにおるやん。村山由佳『もみじの言いぶん』発売中。

画像1

この本の内容

 17歳で今生を旅立ったあの子が見てきた世界とは。
 作家・村山由佳さんの盟友で、たくさんのフォロワーから愛された三毛猫・もみじ。2018年3月、もみじは17歳で今生を旅立ちました。
 彼女の軽妙洒脱な関西弁のつぶやきが、時にユーモラスに、時に厳しく、時に切なく……私たちの心に沁みこんできます。
 大切な存在を失った「その後」をどう生きるか――そのヒントがここに。
 オールカラーのフォトエッセイ。

もみじ_3月26日単行本発売_写真1_40_2

もみじ_3月26日単行本発売_写真2_29_1

もみじ_3月26日単行本発売_写真3_19-4


【連載最終回にTwitterでお寄せいただいた声】

●勇気を持って一歩踏み出せそう(なんば)●もみロスになってしまいそう(ramune88059780)●読むことでどれだけ励まされたか(Hitomi in the sky)●また泣いてしまったよ、もみちゃ〜ん(らきらき・ミラクル)●気付かへんけど誰かが誰かを支えたりしてて、よし!頑張ろ!て思たりして。みんなに響いたんやと思います(Yoshi Takenaka)●お互いへの愛と優しさ(時々厳しさ)があふれた相聞歌のよう(ハナミズキ)●もみちゃん、ほんまおおきに。ありがとう(きなこ)etc.

試し読みをする


画像2

村山由佳(文と写真)『もみじの言いぶん』
2019年3月26日発売
判型:B6判ソフトカバー
ページ数:96Pオールカラー
定価:本体1,300円+税
発行:ホーム社/発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5327-6
[電子書籍版配信中]

書店で見る


【著者紹介】

村山由佳(むらやま・ゆか)
1964年東京都生まれ、軽井沢在住。立教大学卒業。1993年『天使の卵―エンジェルス・エッグ―』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。2009年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。近著に『燃える波』『猫がいなけりゃ息もできない』『はつ恋』『まつらひ』などがある。

ありがとうございます!
2
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

村山由佳 もみじの言いぶん
村山由佳 もみじの言いぶん
  • 7本

もみちゃん——あの時、そして今この時、あなたは何を思っていたの?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。