見出し画像

冬のライダースとストール ~寒・暖ミルフィーユのおしゃれ技~|地曳いく子 第17話

※本連載が書籍化します。地曳いく子『日々是混乱 これが私のニューノーマル』11月26日発売予定

冬がやってきた!

何かと忙しいこの時期、いかがお過ごしですか? 年末のお掃除のほかに、もう一つ頭を悩ませるのが冬の装(よそお)い問題。今年の天候も予測がつかず、11月に入っても暖かく一体(いったい)いつになったら秋になるの? と思っていたら急に寒くなり、秋を通り越して一気に真冬並の気温に。狐にでもばかされたかのように、気がついたら寒い12月です。

「何これ? 2月くらい寒い」と、寒さに弱くなった還暦の私は、慌ててユニクロで長めのダウンコートを購入しました。がっ! この原稿を書いている今はまた少し暖かくなり、毎日いったい何を着ればよいか、悩む日々です。

そんな寒かったり暖かかったりと私の頭の中のように混乱した気候のこの頃ですが、ワクワクするイベントや人に会う機会も多い年末年始のファッションについて、今回は書きたいと思います。

ユニクロのヘビロテコート

まずは今年のコートについて。買ってしまいました、ユニクロの「ハイブリッドダウンコクーンコート」。

夏にユニクロの秋冬展示会で見たときから気になっていたのですが、ダウンの弱点である着膨(きぶく)れを抑えるために、ダウンは身頃(みごろ)と背中の部分のみにして、袖部分には暖かいハイテク素材を使用。なんと、セールで7990円になっていたので店頭で試着してみました。

コクーンコートと言うだけあって、流行りのビッグシルエットです。でも身体がbigなBBA、これ以上ビッグになりたくないのでワンサイズ下のMサイズを着てみたら、前も楽々締まるしなんだかいい感じ。

ちょっとカジュアルすぎると思っていたフード(北海道旅行には必要ですが)も簡単に取り外し可能で、大人仕様のノーカラーコートに! 早速購入して週2くらいでヘビロテしています。

画像1

ユニクロのハイブリッドダウンコクーンコート。着膨れしません。

画像2

フードを取り外せば、大人仕様のノーカラーコートに!

清水(きよみず)買いで今年新調したファリエロ・サルティ(Faliero Sarti)のストールを合わせて。無地のストールを一通り揃(そろ)えている私は、今回、冬の景色をプリントしたものを選びました。2020春夏のサルティ展示会でも多数見かけましたが、写真や絵画をプリントした大判ストールが今のトレンドです。無地のコートやジャケットが多いので、重い色の分量が多くなる冬の装いのいいアクセントになりますね。

画像3

ユニクロのハイネックカシミヤセーターに、千葉そごうのトークショーの時に買ったワイドパンツ、サルティのストールを合わせれば大人スタイルの出来上がり!

画像4

サルティの春夏新作ストール。写真や絵画などをプリントした大判ストールがトレンドです。

ライダース×ストールの巻き方

まさかの真冬と小春日和(こはるびより)、二つの気候が日々ミルフィーユのこの12月?

ハイブリッドなユニクロのダウンに包まれ、ヌクヌクと幸せな日々を過ごしていた先週ですが、何と今日(12月半ば)も暖かい! 明日も?

で、久々にライダースジャケットの登場です。夏も秋も暑すぎていたから、久々にライダースに手を通しました。それだけでは首回りが寒いのでストールをグルグルと巻きました。

画像5

久々にライダースジャケットで出かけました。

以前、春の大人ストールについて書きましたが(第5回「フリーダ・カーロとストールのおしゃれ」)、冬もやっぱり私たちが手放せないのがストールです。巻き方一つで、印象が変わる優れもの。今私がハマっている簡単な巻き方をステップ順写真で説明しますね。

画像6

ユニクロとイネスのコラボカシミヤストールをざっくり巻いて。

画像7

ストールをかけて(左)→つまんでいる部分と、向かって右端を結ぶと(中)→こうなります(右)。

画像9

ストールはこのくらいラフに巻くのがオススメです。同世代の編集者を激写(笑)。

今週のおまけ 自分へのプレゼント

自分へのご褒美。

サンタさんは私自身です(笑)。

土日で4会場、各1時間半のキャラバンと言われているトークショーでヘロヘロに疲れた私にヘアメイクの山本浩未さんが勧めてくれたのがコレ! ドクターシーラボ(Dr.Ci Labo)から発売された「リフトアップマッサージャー」です。「頭だけじゃなくて首までほぐしてくれるのよ」という浩未さんにお借りして試してみたところ、凄(すご)い! 3Dで揉(も)みほぐされて頭スッキリ! 何だか顔も上がった感じ?

防水使用だからお風呂場でも使えるし、シリコンのヘッドも取り外しできて洗えます。何かとお疲れの年末にオススメです。

画像9

ドクターシーラボ(Dr.Ci Labo)から発売された「リフトアップマッサージャー」。手のひらサイズで持ちやすい上に、ヘッドスパに3~4回行くくらいのお値段。私は足や太もものマッサージにも使っちゃってます(笑)。

前の話へ 連載TOPへ 次の話へ

毎月2回/水曜日更新
更新情報はTwitterでお知らせしています。

地曳いく子(じびき・いくこ)
1959年生まれ。『non・no』をはじめ、『MORE』『SPUR』『Marisol』『eclat』『Oggi』『FRaU』『クロワッサン』などのファッション誌で30年以上のキャリアを誇るスタイリスト。著書に『50歳、おしゃれ元年』『服を買うなら、捨てなさい』『着かた、生きかた』『ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo&Don't』『ババアはつらいよ アラカン・サバイバルBOOK』『おしゃれも人生も映画から』『おしゃれ自由宣言!』など著書多数。槇村さとるさんとの動画連載「BBA(ババア)チャンネル byさとる×いく子」も好評配信中。http://gakugei.shueisha.co.jp/yomimono/bbach/01.html
Twitter:@FukuBot
Instagram:@ikukoluv

※この記事は、2019年12月18日にホーム社の読み物サイトHBで公開したものです。

うれしいです!
3
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 地曳いく子 日日是混乱
連載 地曳いく子 日日是混乱
  • 29本

アラカン・スタイリスト、新しい「ババア道」をゆく―― ファッションから、話題のドラマ、映画、音楽、旅行、グルメ、恋愛、友情、孤独まで。“混乱”の日々のなかから、新しい自分に出会うためのヒント満載のエッセイ。 ※本連載が書籍化します。地曳いく子『日々是混乱 これが私のニューノーマル』11月26日発売予定