【電子書籍】千早茜『しつこく わるい食べもの』 の配信が始まりました。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【電子書籍】千早茜『しつこく わるい食べもの』 の配信が始まりました。

2月26日に単行本が発売された千早茜さんの食エッセイ『しつこく わるい食べもの』。3月26日(金)より、電子書籍の配信も開始されました。どこから読んでも面白い35話が、デジタルでも楽しめます。

電子書籍では前作に続き、挿画をオールカラーで収録。洋菓子「フランセ」「キャラメルゴーストハウス」のビジュアルなどでも人気のイラストレーター、北澤平祐さんの世界をお楽しみください。

画像3

画像3

そして、単に美味を愛でるエッセイではないのが本書の魅力。書評家の吉田伸子さんはこう語っています。

 千早さんの核にあるのは、「自由」なのだ。(中略)何者からも、何事からも、自由たらんとすること。だからこそ、彼女は、その自由を脅かされそうになったり、もぎ取られそうになったり、自分の求める自由とは違う自由を押し付けられそうになったりすることに、鋭敏であるのだ、と。
 そのことが端的にあらわれるのが、たべものに関する場合なのだ。たとえば「おいしい呪い」の章。ここで描かれているのは、味の評価について、「おいしいでしょう」と押しつけられることへの嫌悪、である。(中略)千早さんは、書く。「できるなら『おいしい』以外の言葉で食べものを人に勧めたい」と。そこには、自らが自由を欲するのと同時に、何かを押し付けることで、他者の自由を奪いたくない、他者の自由を尊重したい、という千早さんの姿勢、がある。
(「HB」掲載 書評「自由であることへの希求」より)

「わるたべ」シリーズを貫く千早さんの美学は、前作『わるい食べもの』刊行時にも大きな反響があり、雑誌などで多く取り上げられましたが、本書も早速『Precious』4月号、『日経エンタテインメント!』4月号のブックレビューで紹介されました。

本書の後半では、コロナ禍以降についても描かれます。ゆらぐ世界を反映したリアルな記録を、電子版でもぜひ!

【関連記事】
岡田育さんと千早茜さんによる刊行記念対談(全5回)

本書についての詳しいお知らせはこちら

購入する

しつこくわるたべ斜め

集英社のサイトにリンクしています

【電子版】千早茜『しつこく わるい食べもの』
2021年3月26日(金)配信開始
装画・挿画:北澤平祐
装丁:川名 潤

更新のお知らせなど、最新情報は編集部のTwitterで発信しています。ぜひフォローしてください!

うれしいです!
HB[エイチ・ビー]は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にウェブサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越しました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。