見出し画像

【新刊情報】猫と人の愛しき日日。村山由佳『猫がいなけりゃ息もできない』発売中。


画像2

この本の内容

「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」
房総・鴨川での田舎暮らしを飛び出して約15年。度重なる転機と転居、波乱万丈な暮らしを経て、軽井沢に終の住まいを見つけた村山由佳さん。当初2匹だった猫も、気づけば5匹に。
中でも特別なのが、人生の荒波をともに渡ってきた盟友〈もみじ〉。連載のさなか、そのもみじが、ある病に侵されていることが発覚して——。 著者と猫たちが出演したNHK「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」も大きな話題に。その撮影秘話も明かされる。
小説家と愛猫の最後の一年をつづった、心ふるえるエッセイ。


推薦のことば:榎本正樹さん

書くことは「痛み」を自覚する行為であると同時に、「悼み」を表明する唯一のよすがでもある。
そのような場所で、村山由佳さんは書いている。
猫たちとの生活エッセイとして始まった「ねこいき」は、連載を重ねるうちに、存在と存在がぶつかり合い、生と死を架橋するLive=Lifeドキュメントへと大きく変容を遂げた。交感する魂の記録である
—— 文芸評論家・榎本正樹


試し読みをする


画像1

村山由佳『猫がいなけりゃ息もできない』
2018年10月26日発売
判型:四六判ソフトカバー
ページ数 228P(カラー口絵4P+本文224P)
定価:本体1,400円+税
発行:ホーム社/発売:集英社
ISBN:978-4-8342-5324-5
[電子版同時発売]


書店で見る


スペシャル動画を見る

もみじさんの動画をもっと見る
(編集部のYouTubeチャンネルに移動します)


著者紹介】

村山由佳(むらやま・ゆか)
1964年東京都生まれ、軽井沢在住。立教大学卒業。1993年『天使の卵―エンジェルス・エッグ―』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。2009年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。エッセイに『晴れ ときどき猫背』など、近著に『嘘 Love Lies』『風は西から』『ミルク・アンド・ハニー』『燃える波』などがある。


※村山由佳さんと姜尚中さんによる軽井沢猫対談をこちらで公開しています。


ありがとうございます!
2
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない
村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない
  • 12本

思えば人生の節目にはいつも猫がいた」というムラヤマさんがつづる、小さな命と「ともに生きる」ということ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。