連載小説 金原ひとみ デクリネゾン

19
固定された記事

第1話 生牡蠣とどん底|金原ひとみ「デクリネゾン」

「であるから、私は繰り返し、繰り返しいうが、原子は少々斜に進路を逸れるに違いない。」(『…

【最終回】第19話 ベースのカレーとsupernovaと|金原ひとみ「デクリネ…

前の話へ / 連載TOPへ /       どうしてもプロットがしっくりこない。何が足りない…