見出し画像

北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記 第6話「ねこは何を連れてきた/Look what the cat dragged in」

画像1

【ぼく】4月8日

 桜舞う季節がまたやってきた。ホワンホワンが扶養家族となって、1年が経つということか、早いなあ。

 ホワンは着実に成長を続け、毎日のいたずらも多彩化してきた。テーブルの上のものをわざと落として研究者のような眼差しで観察したり、奮発して買った円柱型の爪とぎには見向きもせず、すぐ隣の壁に爪を立てたり。しかも、いたずらの前には決まってぼくらの方をチラ見するからタチが悪い。確信犯なのだ。

 しかし、保護した当初のあの弱々しいホワンを思い返すと、どれだけいたずらっ子であっても健康に育ってくれていることにほっとする。ぼくらのように人生をふわっと歩んでいるような者にも小さな命を育むことができるのだ。少し自信になる。

 話は変わるが、先日ジョーが引っ越していった。

 昨年の「ジョー、裏庭侵入事件」を知ったご両親がとうとう実家に連れ戻したらしい。ご両親は見たこともない大きさの箱に入ったとらやの羊羹詰め合わせを持ってうちにも謝罪に来た。しきりに、この前のことはご内密にと言っていたが、ぼくらも大事にするつもりはなかったし、正直、ジョーが引っ越してさえくれれば平穏な毎日が戻るので、大好きな羊羹を見た瞬間、喜んで水に流すことに同意した。しかし、ご両親は共に弁護士をやられているとのことだったが、そのような社会的地位のある人たちがきっちりとスーツを着込み、息子の不始末のためにぼくらのような若輩者に必死に頭を下げる姿は少し不憫だった。親になるって大変そう、ホワンちゃんのいたずらなんて可愛いものだね。

 あくる日、こかりが羊羹をほおばりながら「久しぶりに甘いもの食べられたね、しかもこんな高級品。ね、ホワンホワンは招き猫だって言ったでしょ」と、嬉しそうに言ったが、ジョーとの数え切れないほどのトラブルを思うと、全然わりが合わない。もっともっと福を手招きしてほしいと思いながらホワンの方を見ると、目が合った。そして、その短い腕を振り抜き、ぼくのお気に入りのマグカップをテーブルから落とした。


画像2

【ミー】April 15th

 コカリがリッチなウエットミールをだしてくれた、キャンドルまでたっている。めずらしい、プアなやつらがどうした? インマイヘッドで、きけんサインがフラッシュする。

 すると、ライトがきえて、コカリとタイラーがにやにやしながらうたいはじめた。「ハッピーバースデイホワンちゃん」アウトオブチューンで、ふたりはけんかでもしているのかとウォーリーするくらいハーモニーもなかったが、きょうがミーのバースデイなのはわかった。

 ねこのライフはファストでショートだ。

 いっしょにくらしてあげてからワンイヤーということは、ミーはすでにりっぱなティーンエージャーだということか。リーセントリー、なにもかもがいやなのも、むりがない。ウォールでわざとつめとぎをしてもゆるしてほしい。

 ワンイヤーたってだんだんとディスじんせいについてわかってきた。すんでいるのは、トーキョー、タイラーがよくビデオをレンタルしていた「アキラ」のタウンだけれど、いまはあんなにハードコアじゃなくてよかった。ここではみんなニホンゴをはなしている、これも「カネダ」といっしょ。はじめはまったくアンダースタンドできなかったけれど、ニホンゴボキャブラリーもふえてきた。カンジだってア リトルしっている。魚、牛乳、昼寝。

 しかし、バックヤードにあそびにくるクロとトークするといつもわらわれる。ミーのニホンゴはイングリッシュがミックスしていてストレンジらしい。そうなのか? でもクロだって、ツナ、ミルク、ベッドなど、ちょこちょこイングリッシュワードをつかう。なぜミーのときだけわらうのだろう? アイドントアンダースタンドだ。


ねこようせいによる「ねことわざ」解説

画像3

Look what the cat dragged in
(ねこは何を連れてきた)

Look what the cat dragged inは、(招かれざる)お客さんが来たときなんかに使うことわざなんだって。ほら、もともと猫って、あまり嬉しくないお土産を(ねずみさんとかね)ドアの前に置いたりする習性があるでしょ? その点、ホワンちゃんは家猫でよかったよね、本人がどう思っているかは別だけど。

前の話 連載TOPへ 次の話

毎月第1・3火曜日更新
更新情報は編集部のTwitterでお知らせしています。

北澤平祐(きたざわ・へいすけ)
イラストレーター。東京都在住。アメリカに16年間在住後、帰国しイラストレーターとしての活動を開始。
多数の書籍装画や、花王、東京ソラマチ、渋谷ヒカリエなどのキャンペーンビジュアル、ファミリーレストランCOCO'Sのメニューイラストや、洋菓子のフランセ、キャラメルゴーストハウス、KENZO Parfumsの商品パッケージ等、国内外の幅広い分野でイラストを提供。
オフィシャルサイトwww.hypehopewonderland.com Twitter@nevermindpcp

※この記事は、2019年9月17日にホーム社の読み物サイトHBで公開したものです。

ありがとうございます!
2
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
  • 31本

ホワンホワン、きみはいったい何者なの――? 売れないイラストレーターのぼくは、ある日1匹の子猫を保護する。ふしぎな行動ばかりするその猫には、じつは秘密があって……。大人気イラストレーターが贈る、実話をもとにした絵日記ストーリー。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。