見出し画像

北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記 第16話「ねこのひげ/The cat’s whiskers」

画像1

【ぼく】6月28日

 ホワンが夜中に何かコソコソやっていることは知っていたけれど、最近は寝られる時に寝るのが鉄則なので、ほっておいた。しかし、この間、仕事机の奥に落とした消しゴムを拾おうとした時にぼくは見つけてしまった、ホワンがこかりの母乳パッドをこっそり収集していたことを。それを見てたこかりが、「もう、ブラパ泥棒はホワンちゃんだったのね。最近やたらなくなるなあと思っていたのよ」と、呆れたように言った。ブラパ? と聞くとブラにつける母乳パッドを略してブラパらしい。なんだ、そのネーミングは。

 こかりに頼まれてブラパを没収しようとしたら、ホワンは聞いたことのない恐ろしい唸り声をあげて抵抗した。ハリネズミのように毛を逆立て一歩も譲らない構えに、ぼくは少し怖じ気づいてしまい、いったん引くことにした。

 ぼくが弱みをみせてしまったせいか、ホワンは仕事机の前に陣取り、ぼくが近づくと威嚇してくるようになった。まあ、いつかは飽きるだろうと思ったし、仕事をサボる口実にもなるしと、笑って済ませていたのだけれど、ホワンの営業妨害が思いのほか長く続いたので、渋々立ち上がることにした。

 ぼくは、ホワンがトイレに向かったスキに机の下に潜入、ブラパを手に取ることに成功。しめしめと思いながら振り向くと、ホワンが至近距離から睨んでいてホラーだった。さすがはネコ、忍び足のエキスパートだ。ホワンのただならぬ気配に危険を感じたぼくは、ブラパをフリスビーのように投げ、逃げる時間を稼ごうとした。しかし、ホワンは隠し持っていた野性の瞬発力と華麗な跳躍を見せ、両手で空中キャッチ! 着地と同時にぼくをジロッと睨み、ブラパと共に奥の部屋へと消えていった。

 一部始終を目撃していたたいこがきゃっきゃと大喜び。ぼくも、あの美しいジャンプをまた見たかったので、何度もホワンからブラパを奪い取っては投げて遊んだ。ブラパ遊びは鉄板のエンターテイメントになった。こかりは渋い顔をしていたけれど……でも、ぼくに対するホワンの警戒心が高まるにつれ、商売道具である右手がひっかき傷だらけになってきたので、ブラパフリスビーは、分厚い靴下を履いてのブラパサッカーへと進化した。

 薄くてアーモンド型のブラパをシュートすると、空気抵抗を受けて毎回不規則な軌道で飛ぶのだけれど、ホワンはどんなシュートも確実にキャッチする。ねこのワールドカップがあれば守護神と呼ばれるくらい。キャッチした後、ホワンは、毎回不満そうな唸り声をあげながら去っていくのだけれど、最近ちょっと太ってきたように見えるので、運動不足解消にはちょうどいいよね。


画像2

【ミー】July 3rd

 タイラーが、ミーのトレジャーを、スティールする。ロングタイムかけてコレクションしたタイセツなトレジャーを。ねこの目のようなシェイプのトレジャーをはじめて見た時からミーはフォーリンラブした。ソフトで、スムーズで、やさしいスメルがする。ハグしているとママを思い出す。ミーのママ、どんなネコだったのか? ミーにグルーミングをしてくれたのだろうか? ミーがスリープするときはよこでシングアソングしてくれていたのだろうか? コカリがタイコーにやるように。でも、ミーは何もリメンバーしていない。ママのメモリーはない。でも、このトレジャーといっしょにいると、やさしいきもちになるから、ママはやさしかったのかもしれない。

 ミーのトレジャーをスティールしたタイラーは、アンフォギブン。おまけに、ミーのトレジャーをサッカーボールのようキックして遊びはじめた。ユルセナイ。タイラーのやつは、いつかパニッシしてやる。あいつはひどいやつだ。

 ニューポートビーチのタイラーもサッカーがラブだった。名前がセイムだと、ラブなものも同じなのか? タイラーはいつもギネスビールとフィッシュタコスをプリペアーしてから、テレビでサッカーを見ていた。サッカーをエンジョイしている時のタイラーはエキサイトしすぎて、スーパーラウド。「ゴーゴーゴー!!」とか、「ノーノーノー!!!」とか、とにかくうるさい。4レターワーズも出る、いつもはイージーゴーイングでチルなやつなのに。

 サイアクなのは、タイラーのフェイバリット、マンチェスター・ユナイテッドがルーズした時。タイラーは、モンスターになる。「シツボウシター!!!」と、なんどもスクリームしながらテレビをパンチしたり、ビールのカンをスローしたり、ミーのごはんプレートを思いっきりキックしたこともある。サッカーはデンジャラスなドラッグ、ミーはリアルにキライ。でも、マンチェスター・ユナイテッドがウィンした時は、スーパーハッピーなタイラーがフィッシュタコスをわけてくれた。あれは、グッドだ、フィッシュタコスはいつでもグッド。


ねこようせいによる「ねことわざ」解説

画像4

The cat’s whiskers
(ねこのひげ)

直訳だと、ねこのひげを指すのだけれど、とても素敵なものを表す時に使う言葉なんだって。たしかに、ねこのひげって立派だもんね。ホワンちゃんのひげは長すぎて、時々おじいちゃんに見えてしまうけれど。同じ意味の言葉として、「The cat’s pajamas」というものもあるんだけれど、ホワンちゃんはぜったいにパジャマなんて着ないだろうね。スマちゃんなら、「セレブドッグ」って書いてある残念なシャツも着ていたくらいだから抵抗ないだろうけれど。


画像4

前の話 連載TOPへ 次の話

毎月第1・3火曜日更新
更新情報は編集部のTwitterでお知らせしています。

北澤平祐(きたざわ・へいすけ)
イラストレーター。東京都在住。アメリカに16年間在住後、帰国しイラストレーターとしての活動を開始。
多数の書籍装画や、花王、東京ソラマチ、渋谷ヒカリエなどのキャンペーンビジュアル、ファミリーレストランCOCO'Sのメニューイラストや、洋菓子のフランセ、キャラメルゴーストハウス、KENZO Parfumsの商品パッケージ等、国内外の幅広い分野でイラストを提供。
オフィシャルサイトwww.hypehopewonderland.com
Twitter@nevermindpcp

※この記事は、2020年2月18日にホーム社の読み物サイトHBで公開したものです。

うれしいです!
2
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
  • 31本

ホワンホワン、きみはいったい何者なの――? 売れないイラストレーターのぼくは、ある日1匹の子猫を保護する。ふしぎな行動ばかりするその猫には、じつは秘密があって……。大人気イラストレーターが贈る、実話をもとにした絵日記ストーリー。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。