見出し画像

クリスマス特別編|村山由佳

 今日はクリスマス・イヴ。
 通常の更新日ではありませんが、日ごろのご愛読への感謝を込めて、クリスマス特別編をお贈りします。村山家の猫たちのかわいいサンタ&トナカイ姿をどうぞお楽しみください。

画像1

サンタの〈銀次(ぎんじ)〉おじさん

画像2

帽子って、あったかくて眠くなるんだよな~

画像3

このトナカイ、〈もみじ〉姐(ねえ)さんのおさがりなんですって(お絹(きぬ))

画像4

ホワイト・クリスマスになることも多い軽井沢

画像5

それではみなさま、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください!


前の話へ 連載TOPへ 次の話へ

毎週金曜日更新予定
更新情報は編集部のTwitterでお知らせしています。

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年東京都生まれ。立教大学卒業。 93年『天使の卵─エンジェルス・エッグ─』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。『ミルク・アンド・ハニー』『猫がいなけりゃ息もできない』『はつ恋』『まつらひ』『もみじの言いぶん』『晴れときどき猫背 そして、もみじへ』など著書多数。
Twitter@yukamurayama710

村山由佳さんの猫三部作

※この記事は、2019年12月24日にホーム社の読み物サイトHBで公開したものです。

うれしいです!
8
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 村山由佳 命とられるわけじゃない
連載 村山由佳 命とられるわけじゃない
  • 43本

波乱万丈な四半世紀を経て、50代。そろそろ、あるがままを肯定してみようか――そう、猫が教えてくれたように。人生まだまだ何が起こるかわからない! 自由なおとなの軽井沢暮らしエッセイ。 ※更新は終了しました。