見出し画像

北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記 第26話「コピーねこ/Copy cat」

この連載を初めから読む

画像3

【ぼく】4月29日

 春は変化の季節っていうけれど、実際、今年はぼくらの生活も結構変わった。一番のトピックは、たいこが幼稚園に通いはじめたこと。早いよね、エコー写真でカシューナッツのようなたいこを見て感動したのがつい最近のことのような気がするけれど。

 はじめの数日間こそ出がけにめそめそしていたけれど、幼稚園の裏庭である森で遊ぶのが楽しいらしく、今ではにこにこしながら出ていく。こかりに似たのか適応能力が高くてうらやましい。スクールバス乗り場まではぼくが送って行っている。他のお母さんたちとのコミュニケーションがハードル高くて、ぼくには愛想笑いを振りまくのが精一杯。

 たいこが巣立って時間ができたので、こかりはパートタイムの仕事をまた始めた。近所の眼科の受付。コンタクトレンズが安く購入できる特典があるということで選んだみたい。こかりもぼくも使っている使い捨てコンタクトって案外コストがかかるから助かる。しかし、こかりの仕事選びに対する判断基準は相変わらずブレない。

 さらには、驚くようなことも。こかりが仲良くなった患者さんから「英語がしゃべれて、HTMLに精通していて、先生の経験がある人を探してるんだけれど、そんなレアな人知るわけないよね?」って聞かれ、脊髄反射的に「うちにいます!」と答えたらしい。なんでも、とある大企業で外国人新入社員の研修ができる講師を探しているらしい。たしかに、英語の仕事はうれしいけれど、先生の経験って言っても大学院のときに母校で教えていたくらいだし、HTMLだってほぼ初心者だけど……大丈夫かな? しかし、まさか眼科のパートでこんな仕事を受注してくるなんて夢にも思わなかったよ。とりあえず今度面接に行くことになった。英検一級を持っているということで書類はパス、さっそく役に立ってよかった。あとは、こっそりHTMLの教科書を買って勉強しよ。

 英訳の仕事に、家事に、たいこの送り迎え。さらにHTMLの勉強となると忙しくなるけれど充実しているのはうれしいよね。最近はバタバタでホワンちゃんにあまり構えていないけれど、ホワンは構われすぎるのは好きじゃなさそうだからいいか。


画像4

【ミー】May 5th

 タイコーもコカリも毎日どこかにディサピア。どこに行っているのか? スマハウスでパーティーとか? なぜミーもインバイトしない? あのスモールバッグに入れられるのもイヤだし、別にスマに会いたいわけでもないけれど、ミーだけナカマハズレなのはアンフォギブン。タイラーもホームでナカマハズレだったので、やさしくしてやったのに。なんてシツレイなやつだ。リーセントリー、タイラーもコカリもミーよりもタイコー、タイコー、タイコーだ。ブラパサッカーもネコジャラシあそびももうずっとやっていない。

 ミーのことはケアしないのに、リーセントリー、このハウスにはねこアイテムがどんどんふえている。ねこのドール、ねこのカップ、ねこのトイ。どこを見ても、ねこ、ねこ、ねこばかり。タイラーが好きなゲームに出るゾンビとかいうやつみたいにどんどんふえる。

 タイコーのランチボックスの中にもへんなねこがいた。「どう、のりで作ったホワンちゃんのキャラベン、似てない?」って、コカリが見せてきたけれど、ミーはあんなにシワシワなオールドキャットじゃない。でかけるときのコカリもねこだらけ。ねこのスカート、ねこのバッグ、ねこのウォレット、ねこのアンブレラ。セルフォンにまでタイニーねこがついていた。

 みんなミーににているけれどミーじゃない。みんなミーのコピーキャットで、ミーよりアグリー。「ねこグッズ集める人の気持ち、今ならわかるなあ、ホワンちゃんに似ているものがあるとついつい買っちゃうのよね」ってコカリが言うけれど、ミーはちっともうれしくない。こんなフェイクねこをふやさなくても、リアルなミーがここにいるのに。リアルなミーはいつもここにいるのに。


ねこようせいによる「ねことわざ」解説

画像1

Copy cat
(コピーねこ)

「Copy cat」はまねっこって意味だよ。どちらかといえばあまり良い意味で使われないかな。たとえば描く絵がいつもだれかの絵に似ているとか、着る服の組み合わせがいつも誰かと似ている場合に少し蔑むような感じで使われることが多いみたい。でも、そんな意味の言葉にあえてねこを使うなんてひどいよね。コピードッグや、コピーエレファントでも良くない? ねこ族の末席に連なる者として断固抗議します!

画像2

前の話 連載TOPへ 次の話

毎月第1・3火曜日更新
更新情報はTwitterでお知らせしています。

北澤平祐(きたざわ・へいすけ)
イラストレーター。東京都在住。アメリカに16年間在住後、帰国しイラストレーターとしての活動を開始。
多数の書籍装画や、花王、東京ソラマチ、渋谷ヒカリエなどのキャンペーンビジュアル、ファミリーレストランCOCO'Sのメニューイラストや、洋菓子のフランセ、キャラメルゴーストハウス、KENZO Parfumsの商品パッケージ等、国内外の幅広い分野でイラストを提供。
オフィシャルサイト:www.hypehopewonderland.com
Twitter:@nevermindpcp
ありがとうございます!
2
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
  • 31本

ホワンホワン、きみはいったい何者なの――? 売れないイラストレーターのぼくは、ある日1匹の子猫を保護する。ふしぎな行動ばかりするその猫には、じつは秘密があって……。大人気イラストレーターが贈る、実話をもとにした絵日記ストーリー。