見出し画像

北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記 第15話「ねこの居ぬ間にねずみは遊ぶ/When the cat’s away, the mice will play」

画像1

【ぼく】6月22日

 慌ただしい毎日が、だんだんと日常になってきた。まだまだ子育ては新鮮な驚きの連続だけれど、少しずつ新生活のペースを掴んできたかも。仕事の合間のおむつ替えや、アイデア出しをしながらお風呂に入れるなど、マルチタスクにも少しなれてきた。

 とはいえ、ぼくが仕事に集中している間は、こかりがたいこの面倒を見てくれ、赤ちゃんフリーの時間を持てているから余裕があるのかもしれない。反面、母乳で育てていることもあり、こかりが自分だけの時間を持つのは至難の業だ。せめてもと、毎日1時間程は意識してこかりの自由時間を作るようにしている。

 最近は、首もすわったので、たいこを抱っこひもで連れ歩くのが楽になった。この時期、赤ちゃんと密着していると、汗だくになるのはしんどいけれど近所の郵便局やだんご屋くらいまでならふたりだけでもへっちゃらだ。近くに、見晴らしのいい丘も見つけたので、そこで一休みしたり、なるべく遠回りをしてから帰るようにしてる。もう少し大きくなったら、ベビーカーで遠出もできるかな、楽しみ。

 外の世界に興味津々なのか、外出した時のたいこはまったく泣かないので助かっている。問題なのは、逆にこかりが外出したい時だ。うまく昼寝してくれればいいのだけれど、赤ちゃんのお母さんレーダーは鋭い。いつもいる家の中だからこそ、気配がなくなったのがわかるのか、こかりがどれだけこっそりと出ていこうとも、数分でいないことがバレる。すぐにソワソワしはじめ、最終的に大音量で泣き始める。そんな時は、ホワンにもたいこの気を紛らわすのを手伝ってほしいのだけれど、最近はこかりがいなくなると、ホワンも姿を消して何やらコソコソやっているみたい。引っ越してきたばかりなんだから壁を傷だらけにとかしていなければいいんだけれど。


画像2

【ミー】June 15th

 どこにいても、タイコーのクライングが聞こえる。どこにエスケープしてもウエーーンとフォローしてくる。コタツの中にハイドしたいけれど、コタツはもうない。クローゼットにハイドしたいけれど、トラップされたらサイアクだ。今も聞こえている……タイコーはタイラーとでかけたというのに。

 ミーはクレイジーになってしまう、何とかしなくては。コカリは最近よく「ヨガ」をしている、リラックスするらしい。「見て、ホワンちゃんといっしょ、ねこのポーズだよ、気持ちいい~」。ねこには見えなかったが、コカリはニコニコして楽しそうだった。やってみるか? いや、だめだ。ミーはオーレディー、ねこだ。いつだってねこのポーズをとっているけれど、別にリラックスはしていない。ネクスト。

 タイラーがこの間、ミッドナイトにニクマンをこっそり食べていた。「あ、ヤケグイ見つかったか、こかりにはナイショね」そう言ってニコニコしていた。ファットなベリーをぽんぽんとたたいてハッピーそうだった。ヤケグイ、やってみるか? いや、だめだ。ミーのカリカリフードはマズイ。あんなものをヤケグイしたら、もっとストレスだ。どこかにサシミは落ちていないのか?

 ニンゲンのメソッドはだめだ。ミーが好きなことはなんだ? グルーミングだ。ミーは、グルーミングが大好きだ。ソファの上でグルーミングの時が一番ハッピーだ。周りの何も気にならないし、何も聞こえない。タイコーがクライしていようが、アイ・ドント・ケア。そうだ、もう一生グルーミングをしてよう。他は何もいらない。そう思っていたのだが……グルーミングをしすぎて、ヘアがぬけた。ぬけて、ぬけて、スキニーになった。このままじゃあ、ミーはヘアレスキャットになってしまうだろう。コカリもタイラーもミーのことを別ねこだと思って、ノガワハウスから追い出すかもしれない。そうなったらサイアクだ。

 ならば、ホワット? どうしたらいい? そうパニックになっていた時に、ミーはアレを見つけたのだ。


ねこようせいによる「ねことわざ」解説

画像4

When the cat’s away, the mice will play
(ねこの居ぬ間にねずみは遊ぶ)

これは、「鬼の居ぬ間に洗濯」って意味のことわざなんだって。英語ではねこだけど、日本語にすると、鬼に変身しちゃうのは面白いよね。まあ、ねずみにしたら、ねこも鬼も同じくらいおそろしいんだろうけれど。でも、今年は12年に一度のねずみ年。ホワンちゃん、ねずみを見かけたとしてもやさしくしてあげてね。


画像4

前の話 連載TOPへ 次の話

毎月第1・3火曜日更新
更新情報は編集部のTwitterでお知らせしています。

北澤平祐(きたざわ・へいすけ)
イラストレーター。東京都在住。アメリカに16年間在住後、帰国しイラストレーターとしての活動を開始。
多数の書籍装画や、花王、東京ソラマチ、渋谷ヒカリエなどのキャンペーンビジュアル、ファミリーレストランCOCO'Sのメニューイラストや、洋菓子のフランセ、キャラメルゴーストハウス、KENZO Parfumsの商品パッケージ等、国内外の幅広い分野でイラストを提供。
オフィシャルサイトwww.hypehopewonderland.com
Twitter@nevermindpcp

※この記事は、2020年2月4日にホーム社の読み物サイトHBで公開したものです。

うれしいです!
3
HB(エイチビー)は、集英社グループの出版社・ホーム社の文芸サイトです。2017年11月にサイトを立ち上げ、2020年にnoteへ引っ越してきました。小説やエッセイを中心に、毎日をより楽しく過ごすための、さまざまなコンテンツをお届けします。

こちらでもピックアップされています

連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
連載 北澤平祐 ぼくとねこのすれ違い交換日記
  • 31本

ホワンホワン、きみはいったい何者なの――? 売れないイラストレーターのぼくは、ある日1匹の子猫を保護する。ふしぎな行動ばかりするその猫には、じつは秘密があって……。大人気イラストレーターが贈る、実話をもとにした絵日記ストーリー。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。