新刊情報

22

【電子書籍化】八十余年の来し方を語る『加賀乙彦自伝』が電子書籍化されました。

『帰らざる夏』『宣告』『湿原』『永遠の都』『雲の都』など数多くの名作を世に送り出し、日本文学界を代表する作家の一人である加賀乙彦さん。 91歳を迎えた今年、その人生の歩みを語り下ろした初の自伝『加賀乙彦自伝』(2013年)が、電子書籍でも読めるようになりました。 自伝的長編小説『永遠の…

【新刊情報】 うち、ここにおるやん。村山由佳『もみじの言いぶん』発売中

この本の内容  17歳で今生を旅立ったあの子が見てきた世界とは。  作家・村山由佳さんの盟友で、たくさんのフォロワーから愛された三毛猫・もみじ。2018年3月、もみじは17歳で今生を旅立ちました。  彼女の軽妙洒脱な関西弁のつぶやきが、時にユーモラスに、時に厳しく、時に切なく……私たちの…

【新刊情報】猫と人の愛しき日日。村山由佳『猫がいなけりゃ息もできない』発売中。

この本の内容 「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」 房総・鴨川での田舎暮らしを飛び出して約15年。度重なる転機と転居、波乱万丈な暮らしを経て、軽井沢に終の住まいを見つけた村山由佳さん。当初2匹だった猫も、気づけば5匹に。 中でも特別なのが、人生の荒波をともに渡ってきた盟友〈もみじ〉…