マガジンのカバー画像

連載 千早茜「こりずに わるい食べもの」

23
舞台は京都から東京へ。大好評の食エッセイシリーズ第3弾! illustration 北澤平祐
運営しているクリエイター

#こりずにわるい食べもの

東の食の海原へ|千早茜「こりずに わるい食べもの」第1話

20年以上住んだ京都を離れ、はじめての東京ひとり暮らし。さて、何を食べようか? 偏屈でめん…

腹以外を満たす食
|千早茜「こりずに わるい食べもの」第24話 【最終回】

 冬の好物に焼き銀杏がある。入った居酒屋にあれば、まっさきに頼む。カウンターで日本酒をゆ…

生クリーム絶対主義
|千早茜「こりずに わるい食べもの」第23話

 二年ほど前から、自分の中の生クリームに対する愛情をひっそりと疑っている。  ちょうどマ…

雨と神様の物語|千早茜「こりずに わるい食べもの」第22話

 雨の日はココアとビスケット。  いつの間にか、そうなっていた。私は気圧の変化に弱いので…

ぬぐい菓子|千早茜「こりずに わるい食べもの」第21話

 東京の住処のまわりにはパン屋が多い。知り合いのパン好きが「そこはパンの聖地ですよ」と言…

香箱蟹とそぼろカレー|千早茜「こりずに わるい食べもの」第18話

   去年の冬の始めのことだ。東京でも香箱蟹を食べられるところがあるよ、と誘われて、炭火…

夜の江戸ピクニック|千早茜「こりずに わるい食べもの」第19話

「せっかく東京に来たのですから、東京らしいものを食べにいきましょう」と担当T嬢が言った。二度目である。  やれ忘年会だ、やれ打ち合わせだ、と会うたびに食事をしていたが、ついつい自分たちの好きな店ばかりを選んでしまう。前回「東京らしいもの」と悩んだ結果、なぜかロシア料理に行ってしまい、大変美味しかったものの、なにか違う……とうっすら思っていた。T嬢もそれを感じたのだろう。 「もっとベタな東京感を」ということなので「鰻」と即答したが、ことあるごとに「鰻」「鰻」と言っているせいか

スキ
32

夢の食事|千早茜「こりずに わるい食べもの」第17話

 私はものすごく静かに眠るらしい。寝返りもほとんど打たず、呼吸もしているかしていないかわ…

ブラックランチボックス|千早茜「こりずに わるい食べもの」第16話

 最近、弁当を作っている。週に二、三回ほど、作りたいときにしか作らず、誰かのための義務に…

恋と「サッポロ一番」|千早茜「こりずに わるい食べもの」第15話

 新年の抱負を決めなくなって久しい。    もともと神仏には祈らない主義だ。初詣にも行かな…

乾物のつぶやき|千早茜「こりずに わるい食べもの」第14話

  二月末に東京に引っ越してから、度重なる緊急事態宣言で新しい土地での外食はほぼしないま…

食べものの重み|千早茜「こりずに わるい食べもの」第13話

 数日前から右肩が痛い。首がうまくまわらない。肩はあがるが、重いものを持つとピーンと糸が…

ケーキの故郷|千早茜「こりずに わるい食べもの」第12話

 ここ最近パフェにかまけているが、もともとは洋菓子好きだ(パフェも洋菓子ではないかという…

包んで包んで兵馬俑|千早茜「こりずに わるい食べもの」第11話

 渡辺ペコの『にこたま』という漫画が好きだ。各章の題名が食べものや料理名で、おいしそうな場面がたくさんある。けれど、ただおいしいだけじゃない食事も描かれていて、重い出来事も登場人物たちの迷いや選択もある。泣きながら食べる場面もある。それでも、やっぱり人は食べて生き繋いでいくんだ、と思わせてくれるところがまたいい。自分の作品も影響を受けていると思う。  その中に、「イルカパフェ」という章がある。またもパフェかよと思われるかもしれないが、もう諦めて欲しい。ネタバレになってしまう

スキ
27