連載 真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚

13

蒲生の賞金稼ぎ|真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚 一人目①

「夢にすがることは、万能の薬でも尊い美徳でもなんでもない」 新人賞4冠受賞。売れないどん…

真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚 一人目②「野生の作家は群れをなす」

前回まで:新設された公募エンタメ文学賞〈ヴンダーカマー文学賞〉。作家になる夢、そして賞金…

決死のダイブ|真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚 一人目③

前回まで:売れない小説家で、現在は警備員と他人名義の懸賞応募で糊口をしのぐ御毛文雄(おげ…

奈落の屋上で、恥と挫折だらけの人生を思う|真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚 一人目④

前回まで:小説家志望の二瓶や森田たちとの協定を無視し、地方文学賞に適当な名前で応募した売…

『インヴィジブルQ』|真藤順丈 ヴンダーカマー文学譚 一人目⑤

前回まで:他人名義で地方文学賞に応募したことが発覚し、ビルの2階からダイブして逃げた、売…