マガジンのカバー画像

試し読み

40
連載から生まれた本もあれば、書き下ろし本もあります。
運営しているクリエイター

2020年5月の記事一覧

村山由佳 もみじの言いぶん 第5話「わからせる」

大反響のうちに連載を終了した「ねこいき」こと「猫がいなけりゃ息もできない」。中でも特に多…

村山由佳 もみじの言いぶん 第4話「爪をととのえる」

大反響のうちに連載を終了した「ねこいき」こと「猫がいなけりゃ息もできない」。中でも特に多…

村山由佳 もみじの言いぶん 第3話「花は咲く」

大反響のうちに連載を終了した「ねこいき」こと「猫がいなけりゃ息もできない」。中でも特に多…

村山由佳 もみじの言いぶん 第2話「ずっと一緒」

大反響のうちに連載を終了した「ねこいき」こと「猫がいなけりゃ息もできない」。中でも特に多…

村山由佳 もみじの言いぶん 第1話「安眠妨害」

大反響のうちに連載を終了した「ねこいき」こと「猫がいなけりゃ息もできない」。中でも特に多…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第10話「今この瞬間こそが、人生でいちばん若…

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第9話「催眠誘導」

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」というムラヤマさんがつづる、小さな命と「ともに生きる」ということーー。 書籍の表紙を飾ったこともある、人気の姐さん猫〈もみじ〉の写真も満載。 ※本連載は2018年10月に『猫がいなけりゃ息もできない』として書籍化されました。  子どもの頃から私は、自分の態度や言葉によって誰かの気分を害してしまうことがこの世の何より苦手だった。原因がたとえ自分でなくても、相手が怒っている

スキ
5

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第8話「たとえば一緒に暮らすひとが、筋金入…

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第7話「世の中には、猫がいると息もできない…

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第6話「禁断症状」

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第5話「生まれて初めて見送る命」

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第3話「マイホームより子どもより、優先され…

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第2話「新しい生活の始まりはいつだって」

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目に…

村山由佳 猫がいなけりゃ息もできない 第1話「まさかの5匹目」

二度の離婚を経験し、現在は軽井沢で猫5匹と暮らす作家の村山由佳さん。「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」というムラヤマさんがつづる、小さな命と「ともに生きる」ということ――。 書籍の表紙を飾ったこともある、人気の姐さん猫〈もみじ〉の写真も満載。 ※本連載は2018年10月に『猫がいなけりゃ息もできない』として書籍化されました。  4匹で、いっぱいいっぱいのはずだった。まさかここへきて猫がもう1匹増えるとは思わなかった。  今年の4月、ちょうど桜の頃に、南房総で独り暮らし

スキ
9